生霊退散のご祈祷☆霊能者の開運霊視(人生相談の場所)

生霊退散のご祈祷

この相談所で霊視を受けていない方でも「生霊退散のご祈祷」をお受けいたします。

皆さんは 「あなたには【生霊】が憑いています・・・」 と言われたら、どう受け止めますか?
 
私も霊能力の世界に入り始めた頃は、師匠(十条の先生)から「【生霊】ほど恐ろしいものはないよ!」 と教えられても、全く分からない世界でしたので「あ〜そうなんだ・・・」 という程度しか理解できませんでした。
 
それから何年も修行を積んだ後、私はようやくその【生霊】の恐ろしさを知る事になったのです。
 
今まで自分なりにやって来て感じた事ですが、【死霊】の場合は、気持ちを込めて何度も繰り返し誠心誠意を尽くして「幸せに生まれ変わってください・・・」 と念ずれば、ス〜ッと消えて行くものなのですが
【生霊】というものは、生身の体から発せられる相手への想いねたみ恨み憎しみあこがれ愛情などですから、相手が生きている限り続くわけです。

つまり、【生霊】の場合は『【生霊】の送り主』が死ぬまで、執念深く念を送られ続ける事もあるのです。
だから、『【生霊】の送り主』が相手の事を思い出すたびに【生霊】としてやって来るわけです。
 
本当に困ったものです。
 
私などは毎日就寝時に夢を見ているのですが、その際に「これは【生霊】だな・・・」と感じた時には決まって激しく咳き込むのです.

例えば、A子さんという人がいたとします。
このA子さんは生まれた時から周囲の皆さんに大事に育てられたせいか非常にのんびりした性格の持ち主で、それゆえ仕事も素早くこなせず、つい周りの人たちに迷惑をかけてしまう事があります。
 
そのため、同僚からちょっと強く注意されると、すぐにメソメソするものですから、まるでイジメを受けているかのようになってしまうのです。
 
性格的にも引っ込み思案なので 「あ・あの〜・・・」 という感じで、周囲の人たちに声をかけてくるわけです。
 
体質的にも『頭痛もち』ということもあり、会社の人たちと一緒にお酒を飲みに行く事もなく、それゆえ同僚たちとの付き合いもうまく出来ないので、お酒よりも一人で甘いものを食べているような女の子なのです。
 
それに対してB子さんは、体育会系の明るく活発な子で、仕事もテキパキとこなし、お酒の席でも場を盛り上げるので、周囲の人たちからも親しまれる性格の持ち主です。
 
そんなある日の事、A子さんが体調不良を理由に会社を辞めてしまいました。
その辺りからB子さんに異変が起こり始めます。
あの活発だったB子さんが会社を休みがちになったのです。


どうも『頭痛』が原因らしく、 会社に来ても以前のような明るさが消えてしまいました。
 
当然のごとく、仕事でもミスが続き注意される事も多くなり、周りの同僚たちもそんなB子の事が心配になって来ました。
 
そこで同僚たちは、以前のようにB子さんを飲みに誘う事にしたのです。


同僚たちがB子さんに声を掛けようとB子のデスクに行くと、なんとB子さんのデスクの上には『甘いお菓子』で一杯だったのです・・・。

同僚たちが「どうしたのB子!」 と声を掛けると、おどおどした態度で 「あ・あの〜、な・何ですか?」 という返事が返って来たのでした。  
 
同僚たちは恐ろしくなって、B子さんを知り合いの霊能者のところへ連れて行く事にしました。


そこで言われた言葉が 「このB子さんには【生霊】が憑いています・・・」だったのです。
 
さぁ〜誰の生霊か?


皆さんは、もうお分かりでしょう!
 
そうです。あのA子さんの生霊がB子さんを苦しめていたのです。
B子さんはA子さんに対して何も酷い事をしていないのですが、A子さんは勝手にB子さんに対して妬みを持っていたわけです。


理不尽でしょう! 

これが【生霊】というものなのです。 
 
この話を非現実的なものと捉える方もいるかと思いますが、このような事が現実に起こっているのです。
 
これが【生霊の怖さ】です。

まるで自分が誰かに支配されているかのように、自分が自分でなくなってしまうのです・・・ 。


そこで私どもでは、生霊を送り主に送り返す、『生霊退散のご祈祷』を行っております。

病院へ行ってもわからないような原因不明の体調不良がある方は、 お問い合わせください。


【必ず秘密厳守いたします】

お申し込みは、 『生霊退散のご祈祷』希望と明記の上、

をご明記のうえ、ご希望の相談所にお申し込みください。

ご祈祷料は一ヶ月間で初月2万円以降継続の場合、2か月目から1万円となっております。

(こちらがご祈祷をお引き受けした後、ご入金ください。)

ご入金確認次第、ご祈祷させていただきます。

お申し込みの相談所は画像

▲このページのTOP