ボケ封じのご祈祷☆霊能者の開運霊視(人生相談の場所)

ボケ封じのご祈祷

この相談所で霊視を受けていない方でも「ボケ封じのご祈祷」をお受けいたします。

10月から全国行脚をスタートさせるにあたり、私はその報告を兼ねて
福島の父と一緒に食事をしながら、ゆっくり話そうと思い実家へと向かいました。

その時はもうすでに父は酔っていたのですが、 久しぶりの父子の酒盛りとあって
よほどうれしかったのか? 私の知らないうちに、千鳥足で茶飲み友達を
迎えに行ってしまっていたのです。

私が小学校時代の友を連れて実家へ戻ってみると、 何やら我が家の周囲が
騒々しいのに気づきました。

耳を澄ましてみると、家の前にある深さ150pもあろうかという川の中から、
うめき声のようなものが聞こえてくるではありませんか・・・
もしやと思い、車のライトを照らしながら近づいてみると、父が頭から血を流し倒れていたのです。

すぐさま、私は川に飛び込み痛がる父を抱き上げ、川の渕に押し上げました。
握力の低下している私が持ち上げてしまったのですから、 まさに“火事場の馬鹿力”とは
このことを言うのだろうと思いました。
(実は、その当時ほとんど握力がなかったのです。)

父はショックのあまり、気が動転しているようでしたので、とにかくぬれた服を着がえさせ、
病院へと向かいました。

幸いにも友人がいてくれたおかげでスムーズに病院へ運ぶことができたのです。

なぜ友人がその病院について詳しかったかというと、 彼の父の最期の時も、
この病院の夜間診療口を使っていたからだったのです。
何という偶然か?私はただただ友人に感謝するのみでした。

私は、頭(額)を4針も縫う傷をおいながらも、 スースーと寝ている父の顔を見ながら、
いろんなことを思い出しました。

私はこの父に、小さい頃からとても可愛がられて育てられてきました。
父は私が何かで活躍すればするだけ喜び、他人に自慢するような人でした。

しかしその反面、少しでも腑甲斐ない結果を出そうものなら、家に帰った後、父に
「あ〜でもない !こ〜でもない!」 と必ず苦言を言われますから、
家に帰るのがとっても嫌だったものです。

今思えば、これも父の愛情だったのでしょうね。

大学受験の時は、ほぼ内定していたにもかかわらず、父が突然病で倒れたことにより、
大学進学をあきらめざるをえなくなり、自衛隊へ入隊することになりました。

それからというもの、私の人生において、 この父が私の最大の壁となっていったのですから
人生とは不思議なものです。

可愛い息子のはずなのに、息子の夢をつぶして行く・・・そんな父だったのです。

今、その父の寝顔を見ていると、いろんな事はあったけれど、この私を育ててくれたのは、
間違いなくこの父なのですから・・・
今度は私が、この老いた父を何とかする時なんだなぁ〜と思いました。

医師から「頭の消毒は毎日やってくださいね!」と言われたこともあり、
私の住む千葉県柏市へと連れて来たのです。

初めは、アル中が最大の問題点かなと思っていたのですが、 それ以上に深刻だったのは
父のボケでした。

今、食事中の人がいたらごめんなさい・・・ 父は糞尿をしていても気付かないくらいに、
ボケ始めていたのです。

福島の実家が異臭まみれだったのは、これが原因だったのです。

柏に着くなりすぐさま、着てきたものを全て捨て、 お風呂で頭の毛やヒゲを剃り、体を洗い流し
新しいものに着替えさせました。
本人もかなりさっぱりした様子でしたので、とりあえず、焼酎を半分ずつ分けて飲みました。

どうも一杯やらないと落ち着かないようで、 その一杯がでるまでは何やら、
じっとこちらを見つめているのですから笑ってしまいます。

とにかく、足腰が立たないほどにやせ細ったあげく、 立ち上がることもできないような
体になってしまっていたので、まずは食べる事を最優先にし、
精神安定剤のかわりの焼酎を一杯やって寝てもらうことにしたのです。

なんとか食べられるようになり、足元がかなりしっかりしてきた頃、
今度はおもしろい行動が目立ち始めました。

私が夜、月刊誌の原稿を書いている時のこと、父がトイレに行ったかと思ったら、
帰るところが分からなくなってしまったらしく、部屋に戻ろうと、鏡の中に入ろうとして
痛い頭を何度もぶつけては、不思議そうな顔をしているのです。

私は「お父さん、何しているの?」と言いながらも、 おもわず笑ってしまいました。

そうかと思うと、台所で仕事をしている妻を見て、
「誰かあそこ(冷蔵庫の前)で商売しているのか?・・・」 と不意に言ってみたり、
またある時は、ポットをじっと見ていたかと思ったら、
「これはいったい何だい?何であるんだ?誰が持ってきたんだ?」 と言って
ポットの後ろ側を一生懸命いじったりしているのです。

これまたおかしくなって笑ってしまいましたが、そんな父を見て、
父は天使になったのだなぁ〜と思いました。

やることは、とてもおかしいけれど、 これが病気だと思うと怒る気にもなれません。

糞尿をしても、きれいに洗えばいいだけなのですから・・・ 親子水いらず、チンチン丸出しで、
お風呂に入るのも小学校4年生以来ですから、おかしなものです。

何か変ですが、今ようやく父と人間らしくふれあえるようになったかと思ったら、
気持ちが楽になりました。

結局父がボケた原因は「さびしさ」だったのでしょう。

約30年間再婚もせず、たった一人で生きてきたのですから、
私の想像を超えた「さびしさ」を感じながら、それに耐えて生きてきたのだと思います。

寂しがりやの私には、ただ ただ頭がさがる思いです。

私も父の強さに負けぬくらいの男になりたいものです。

また、ある時のことです。 庭を見て(花など一輪も咲いていないのに)
「白い花が咲いているんだなぁ〜」 と、突然言ってみたり、
ティッシュの箱をじっと見つめていたかと思うと 「うん、うん」 と、うなずいてみたり、
我が家の天使はとてもおもしろいです。ご祈祷・ご供養☆ボケ封じの祈祷

この天使を、私はこれからもずっと大切にしていこうと思っています。

父さん 長生きしてくださいね!


2003年の10月、私は、ボケてしまった父と暮らしているのですが、これはまさに荒行です(笑)。

荒行と言えば、僧侶の修行を連想されるかと思うのですが、 ボケた人の介護から比べれば
僧侶の修行など比べものになりません。

なぜなら、僧侶の修行と言っても期間がありますから、 その修行が修了すれば、
なんらかの資格が与えられるだけでなく、 修行場から開放され、
その後はバラ色の人生が待っているからです。

しかし、この介護の荒行はどちらかが死ぬまで続くのですから、まさに本当の荒行です。

言葉で言ってみても、実際に体験してみないと、なかなか理解しにくいかと思いますが、
ボケた人との共同生活は、想像を絶するものがあります。

「身内の恥をさらすものではない!」 とお叱りをうけるかもしれませんが、
現在私と同じような荒行?をされている方のために、 私はあえてエールを送るつもりで
書かせていただきます。

お聞き苦しいところがありましたら、ご容赦ください。

よくテレビなどの人生相談で
「ボケた親の介護のために、恋愛する時間など全くありませんでした。」
という女性の嘆きを耳にすることがありますが、これは本当のことだと思います。

それほどに、自分の時間というものが介護のために費やされてしまうからです。

現状を知らない人は「ボケた人には、何か趣味を持たせればいい・・・」 と簡単に言いますが
ボケた人というのは、その何かに興味を持たせようとする脳細胞自体が壊れてしまっている
わけですから、口で言うほど簡単にはいかないのです。

たとえば睡眠時間ひとつにしても、常に臨戦態勢で寝ているようなものですから、
自分がいつ寝ているのかさえわからない状態に陥ってしまうのです。

なぜなら、夜中にトイレに行った父は、どこへ戻ればいいのかわからなくなってしまうため、
その都度父に付き添わなければならないからです。

それが、場合によっては2時間おき、あるいは3時間おきに起こされるわけです。

起床時間も父の体調しだいで、午前3時であったり、5時であったりと日々変動するのです。

これは私にとって、諸々のことに臨機応変に対応できるようになるための
荒行なのだと思います(笑)。

何度も同じ質問を繰り返すことは仕方がないことだとしても、 一番困るのが、
異性へのいやらしい妄想を抱き、 実際にそれが起きているかのように信じ込み、
自分の思い通りにならないと、 男のプライドが傷つけられたかのように、
勝手に怒り出してしまうことです。

それで済めばいいのですが、ひどいときには、お世話してくれている信者さんにまで、
まるで召使いか奴隷のように罵声をあびせるのですから、 息子の私としては、
ただただ申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

はずかしい話ですが、私の父は若い頃から、なにかにつけ文句をつける人でした。

たとえば、体が悪くて働けない人を見ると「あいつは、怠け者だ!」と人を見下すのです。

むかし父が「ああいう人間は最低だ!」と言った言葉が、 今すべて自分自身に
返って来ているのですから、因果応報とでも言うべきでしょうか?

子煩悩な所もあった反面、お酒を飲むと特になのですが、 身体の弱い私の母に対しても、
怒鳴りつけては起こし、 女中のように扱う人でしたから、ある意味まるで鬼人のような人でしたね。

ボケた現在でも、そういうところはだけは、正常な時とまったく変わっていないのですから、
不思議でなりません。

たとえば、私が40度近い高熱を出しても仕事をしているのに、 うしろから
「いつまでも癖が悪いんだから・・・まったく!」という具合に怒りだし、
罵声をあびせる始末ですからね。

これが、認知症(ボケ)ということなのでしょう・・・。

ボケ症状というのは、人間をものすごく自分勝手にするようで、
自分の都合のいいようにしか解釈できないようです。

2008年の今、お陰様で私の父は現代医学と並行してだいぶ心身ともに
健康になってきておりますが、 世の中には認知症の介護やお世話などで
大変な思いをされている方が多いと思います。

また、相談所にみえる方の中にも「まだ認知症ではないが、心配・・・
という方や、「もうすでに認知症になってしまったが、症状が良くなって欲しい
という方々いらっしゃいます。
そこで、私どもでは『ボケ封じのご祈祷』をお引き受けすることにいたしました。


【必ず秘密厳守いたします】

お申し込みは、『ボケ封じの祈祷』希望と明記し、

をご明記のうえ、ご希望の相談所にお申し込みください。

ご祈祷料は一ヶ月間で初月2万円、以降継続の場合、2か月目から1万円となっております。

(こちらがご祈祷をお引き受けした後、ご入金ください。)

ご入金確認次第、ご祈祷させていただきます。

基本的には、現在住んでいる場所の一番近くの相談所に、お申込みして頂くことになっておりますが、
ご希望の相談所にお申込みして頂いても構いません。

お申し込みの相談所は

▲このページのTOPに