149.まずは土地の供養が大事!



自分の【欠点】や【弱点】を指摘されると耳が痛いものです。


その為に人によっては≪逆ギレ≫してしまう人さえいます。





私は霊視の時に相談者には分からないような古い先祖の事を言ったり、

または相談者の前世について話をしたりしますので、

その場ではどうしても相談者自身との関連性が分からずに半信半疑で帰られる方々もおります。




しかし、私が霊視した内容を根気よく調べて行くと、

何ヶ月か? あるいは何年ヶ後に意外な所から分かる事があるのです。





だいぶ昔の話ですが、

私はあるお店がめでたく開店を迎えるという事で、そのお店のお祓いに行ったことがありました。





私がお店の神棚の前で【祈祷】をしている時の事です。



私の足元から観音様やお地蔵様が沢山現れてきました。




そこで私はお店のご主人に、

「この土地は特別な所なので、お店の入り口の所にバケツ一杯分の水を毎日必ずあげてくださいね!」

「そうすれば必ず繁盛しますよ!」

と言ったのですが、お店のご夫婦は面倒くさいのとみっともない・・・という事もあったのでしょう。



バケツが邪魔になるという事もあったのかもしれませんが、ほとんどやらなかったようでした。




その後も私がいろいろな事を言うものですから、ついにはお店のご主人が怒ってしまい、

「あんたは、いったい私に何が言いたいんだ!」

という始末で、それから暫くの間疎遠になってしまいました・・・。





それから3年ほど経ったある日の事、お店の辺りに住んでいた地元の方が、


「おやじさん、ここいらの土地は昔どういう所だったか知ってるかい?」

「この店の前にある小学校ができる前までは、ここいら一帯は全部お墓だったんだよ・・・」

「風が強い時などには、足でちょっと掘るとすぐに骨が出てくるような所だったんだ・・・」

と言ったそうです。




知らないという事は恐ろしいですね・・・。





今から16年前に起きた【阪神大震災】で被災した場所を通ると、

今でも浮かばれていない方々の霊が彷徨っていることがあります。




やはり無念の思いで亡くなられた方々は、

自分が死んだということをそう簡単には受け入れられないのだと思います・・・。



だからこそ繰り返し供養をしていくことが重要なのです。





この関西は日本の歴史の中心地であり、

古来から【戦】や【火災】により沢山の方々が亡くなられた土地でもあるのです。



私たちはその土地の上で生活しているわけです。




特に悲惨な事が起きた場所などでは怪奇現象が起こることもありますし、

家の中でイザコザが絶えないような所は【霊が怒っている】場合があります。




極端に言えば、我々は≪お墓の上で生活している≫ようなものなのですから、

【霊の声】に耳を傾け霊の怒りを鎮めるための何らかの事をしなければいけないと思います。





私たちは先人たちを敬いながら「この土地に住ませてください・・・」という気持ちを持って、

自分の家の下に眠っている先人たちの供養をしていくということが大事です。




そうすれば先人たちと共存しながら静かに暮らしていけるわけです。





ただし、たった一度の【土地供養】や【土地のお祓い】で全てが解決するわけではありませんから、

【祥月命日供養】あるいは【月命日供養】のように定期的に≪供養≫や≪お祓い≫を行う事が大事です。





ある所のお宅では毎月一度必ず【家(土地)のお祓い】を行いながら生活されている方がおります。



先人を敬うことはもちろんですが、

この土地に住ませていただいているという感謝の気持ちを忘れないことが大切です。





傲慢な人間は「ここは私が買った土地なんだから先人がどうのこうのと関係ないんだ!」

という人も少なくありません。




しかし、滅多なことでは口に出来ませんが【超常現象】に悩まされ、

寝不足になり精神が不安定になりながら生きている方々が結構いるのも事実なのです。




人間は感謝の心を忘れてはいけません!



この感謝の心を忘れると自分自身の身体が蝕まれて行くことになりますからね・・・。




   TOP / たわごと目次