厄年にとらわれるな




13歳・19歳・25歳・33歳・42歳・60歳、これが一般的な厄年です。



これらの厄年は、いうなれば

「身体に変化が表れる年齢になりましたよ!」というサインなのです。



身体に変化が現れる時期というのは、体調も精神も

不安定になりやすいので病気や、事故等の災難にも遭いやすくなります。



そこで、昔から 「厄年」 には、厄払いをして身を慎むようにしていたのです。



しかし、現在は「厄年」と、この「身体に変化が現れる年齢」に、

多少の誤差が生じてきているように思います。



最近の日本人は、身体の成長が早くなり、さらに長寿国となりましたので、

身体の成長の度合いに著しい変化が起きてきているのです。



それゆえに、厄年にも個人差が生じてきているように感じます。



ですから、

今までのように必ずこの年齢になったら厄払いをしなければならないということはなく、

ある程度の目安として考えればいいのではないかと思います。



例えば、歳をとると 「最近どうも油ものが受け付けない・・・」とか、

最近「疲れが抜けにくい・・・」という時期がありますよね。



この時期が「身体の変化」 の時であり、

その時こそがあなた自身の厄年になるわけです。



このあなた自身の「本当の厄年」は、あなた自身でも分かるでしょうし、

また霊視することによっても分かるものです。



一般的な厄年に惑わされて、まだ何も起きてもいないにもかかわらず、

これから何か不吉なことが起きるのではないか?などと、

取り越し苦労をしないように、心掛けることも大事だと思いますよ。



自分の「本当の厄年」を知ったうえで、

適切に対処して今の人生を堂々と生きてもらいたいですね。







                                             


ホームへ 霊能者の寝言・もくじへ このページのTOPへ 「厄払いの祈祷」へ