ひたすら修行

霊能者の寝言




私は以前から人は、

心と体を鍛えるための修行場所を持つべきだと考えています。



私の場合は、修行場所としている所がいくつかあるのですが、

山梨県身延町にある七面山もそのうちのひとつです。



このお山は、日蓮宗を守護すると言われた七面天女(龍女)が祀られているのですが、

それ以前は、修験者(しゅげんじゃ・修験道を修行する僧のことをいう。)が修行していた場所で

鳥居などもあったらしいのです。



しかし、明治以降は、神仏分離ということで、

神社に関係するようなものは、排除させられたみたいなのです。



この霊山は、どちらかと言うと女性的なやさしさを感じさせるお山なのですが、

冬になるとその様子は一変します。



頂上付近では、積雪が1mを超える時もあるのではないかと思うくらい雪が深く、

厳しい霊山の顔をのぞかせます。



2005年1月30日、今年初めてのお参り登山をしてまいりました。



今年は暖冬と聞いておりましたので、油断してしまったのか、

こともあろうに私は、カンジキを忘れてしまったのです。



道中、路面凍結のため、事故を起こしている車を横目に

「もしかしたら・・・」

という不安がよぎりました。



その不安は的中し、見事なまでの雪山になっていたのです。


先程も言いましたが、

雪山になると状況が一変するわけです。



当然登り方も工夫しなければならなくなります。



そのため、余計な所に力が入り

普段使わない筋肉がパンパンに張ってしまうのです。



それでなんと、今回は31丁目から両足太ももがつってしまいました。



これにはさすがにまいりました・・・。



登るにも登れない、下るにも下れない状況ですから、とりあえず休息をとりながら、

私は心の中で祈り続けました。



そうしているうちに足の痙攣(けいれん)が治まりだし、なんとか歩き出すことができたのですが、

それでもまだ19丁も残っているわけですから、どうなることやらという感じでした。



最終的には、頂上(50丁目)の一之池の龍神様にお参りすることができたのですが、

その時ふと思い出したことがありました。



今から12年くらい前だったでしょうか?



私の判断ミスで師匠に6年半干されたことがあったのです。



当時、私と師匠との確執を助長させた方がいたのですが、その方に謝るべきか?

それとも自分の信念を貫くべきか?



たとえお師匠さんに認めていただけなくても、今までどおり七面山修行をしていくべきか?

を考えながら、お山(七面山)に登って、龍神様のいる一之池にさしかかったときのことでした。



「やぁ〜日宗さん、久しぶりだね!

ところで、そこの木になっている赤い木の実は、食べられるのですよ! 食べてごらんなさい!」



と、敬慎院に修行しに来ている仏師の方から声をかけられたのです。



私が促されるまま、その木の実を食べていると・・・

「日宗さんね〜、人間同士の争い事など謝る必要はないのだよ。

それよりも、もし謝らなければならないとしたら、神様との約束を破ったときかな?」

と言って去っていったのです。



私はその瞬間、この七面山には間違いなく神様がいる! と思ったものでした。

(余談が長くなってすみません)



私は、この七面山に登り始めて13年目になりますから、おそらく回数だけなら、

140回以上は登っていることになると思うのですが、あまり日蓮宗のお坊さんに出くわしたことがないのです。



もちろん、七面山の敬慎院をはじめ奥之院のお坊さんや、

これから日蓮宗のお坊さんになろうとして身延山で修行している

若いお坊さん方には出くわすのですが、何故なんだろう? という疑問がわいてきました。



確か、日蓮様が岩の上で説法している時に龍女が現れ

「これより後は、日蓮宗(法華経)を守護する」

と言われて七面山へ戻られたという逸話があり、その後日蓮様の弟子の一人である

日朗さまが初めてお山に登られ、七面天女(七面大明神)様を感じられた。

と聞いておりましたので、当然日蓮宗のお坊さん方も、

このお山(七面山)を大事に思って登っておられるのか?と思っていたら、さにあらず・・・なんですよね。



私には、とてももったいない事のように感じられてなりません。



このお山は霊験あらたかで、この山にふれればふれるほど、不思議なことが感じられ、

いい勉強になるのですがね・・・。



私は修行についてこう考えております。

「修行には決して修了というものはなく、春夏秋冬を問わず、続けてゆくことが大事」と。



一時の荒行をしたとしても、その後に油断した生活をしてしまえば、

もとのもくあみになってしまうものですからね。



それゆえ、ゆっくりでもいいから、

日々修行を続けてゆくことが大事なのではないかと思っています。



私と共に修行をして9年目を迎える人がいます。



この女性は春夏秋冬を問わず、七面山に3年間月参りした人なのです。



時には七面山を2往復したこともあったのですよ。



何事も回数を多くやればいいというものではありませんが、

続けて行く努力が尊いですよね。



今、その女性に不思議な力が与えられはじめているのです。



先日私の所に、

ある病院から抜け出してきたという初老の男性が参りました。



まず私が霊視を始め、

この男性が今の病気を患った原因をさぐりました。



そして、どのような手当てをすれば、

病気が改善されるのか? を神様にお尋ねしたのです。



するとまもなく、

「この人は、とてもいい人間なので、助けてあげなさい!そして、先ほどの女性に手当てをさせなさい!」

という言葉が感じられたのです。



その後、患者さんと話をかわしてわかったことなのですが、彼が官庁に勤めているときに突然目を患い、

それがもとでマッサージの仕事をするようになったらしいのです。



そして、この方の治療は不思議と効き目があり、

皆さんに大変喜ばれていたそうです。



私はその話を聞いて、なるほど・・・と思いました。



彼はいい人なので、料金や時間など関係なく、

一生懸命治療にあたっていたのだと思うのです。



そして、相手の邪気というものを体一杯に吸い込んでしまったために、

このような身体になってしまったのだなと確信しました。



話が終わり早速、彼女が手当てをしましたら、

(その言葉通り、患者さんの悪い所に手を当てて、念じただけの手当てなのですが・・・)

すぐに好転反応(良い方へ向かうこと)がでて、改善の方向に向かっているとのことなのです。



その男性は、すでに3回お堂に見えているのですが、

自他共に認めるほど、健康状態が良くなっているそうです。



実はこの方、腎臓が悪く、透析をしなければ、余命半年と言われた人なのですが、

このような人を、癒し始めているのですから、七面大明神様からいただいた彼女のパワーは、

すごいものなのですよね。(感心)



皆さんも彼女の七面様パワーを感じてみてはいかがですか!



          ホームへ / 霊能者の寝言・もくじへ / このページのTOPへ