霊の実態






霊魂は死んだ後どうなるのでしょうか?

という質問を受けることがあります。



そこで今日は、霊魂の実態について話してみようと思います。



霊魂は肉体を抜け出すと、自分の行きたい所へと縦横無尽に

動き回るようになります。



自分の好きだった人の元へ行ったり、好きだった場所へ行ったり・・・

というように自由自在に飛び回るのです。



そして、霊魂が来世へ行こうと決意した時、

新たな胎内へと入って生まれ変わることになるのです。



ですから、いわゆる霊界(あの世)などは存在しないようです。



そして、霊魂は自由自在に移動できるわけですから、

一般に言われている「霊道」も存在しないのです。



また、本来自分の身近にいる霊魂というものは、

ほとんどの場合が怖いものではなく、

むしろ暖かい存在といえるものなのです。



ですから、その存在に気づき大切にすれば、

その霊魂たちとの間により良い関係が生まれ、

あなたも霊魂も互いに暖かい繋がりでいられるようになるものです。



しかし中には、この世に未練を残している霊魂も少なくありません。



そんな霊魂による霊障をなくす一番良い方法は、

霊魂を癒してあげることです。



最近、テレビなどで霊能者がお祓いをするシーンを見かけます。



そのテレビを見た方々が勘違いをされると困るので、

ここで「一言」言わせていただきます。



テレビでは、先祖代々の因縁や先祖が負った恨みを、

霊能者が「たった一度」のお祓いで、

いとも簡単に解決してしまっていますが、

そんなことは決してありえません!



そこで皆さんもチョット考えてくださいね。



何十年、あるいは何百年ものの間、

恨みつらみを抱えてさまよってきた霊魂を、

たった一度のお祓いで癒すことが出来ると思いますか?



そんなことは、出来るわけがありません!



簡単に癒されない苦しみを負っているからこそ、

永い間生まれ変わることなく、

霊魂のままでさまよっているわけなのですからね。



このように、苦しんでいる霊魂を癒すには、

心をこめた供養を何度も行うことが必要なのです。



そうすることによって、

ようやくこちらの気持ちが通じるものなのです。



そう言うことですから、場合によっては何ヶ月も、

あるいは何年も時間が必要になることもあるのです。



どんなに、有能な霊能者であっても「心」を癒すには、

時間がかかるということなんですよね。



では、霊能者はどうやって霊魂を癒していくのでしょうか?



基本的には、

やはり生きている人間の心を癒す場合と同じく、対話を通して、

その霊魂の抱える問題を明らかにしていくのです。



肉体を持たない「霊魂」が、話が出来るのだろうか?

と、素朴に疑問を感じていらっしゃる方も多いことでしょう。



答えは「YES」です。



ただし、生前のように口を使って話すわけではありません。



私たちのように、肉体を持つ人間の世界でも、

「以心伝心」や「アイコンタクト」という言葉があるように、

我々も「口」を使わずに自分の意思を相手に伝えることが可能なのです。



それと同じように、霊魂も「口(肉体)」を使わずに

自分の意思や気持ちを伝えることが出来るのです。



ですから、もしも、あなたが大事な方を亡くされて、

その方と話がしたいときには、

心を集中させて相手(霊魂)の顔や姿を思い描きながら

問いかければいいのです。



そうすれば、きっと答えてくれるはずですよ。



このように、霊魂は我々生きた人間と、

かけ離れた存在ではないのです。



霊魂は、肉体を持っていない「霊」であり、現在生きている我々人間は、

肉体を持った「霊」と言ってもいいかもしれません。



どうか皆さん霊魂に対して、人に対するのと同様に

思いやりと感謝の心をもって接してみてくださいね!



そうすれば、霊魂と人間のすれ違いによる霊障は、

そうそう起こらないと思いますよ。



                                目次へ戻る