生きる見本


私の元へ10年間通い続けているTさんという方がおります。



この方とは不思議なご縁で、山梨県の霊山、

七面山という御山に登っている時に知り合いました。



この方とは妙な具合で途中からずっと最後まで一緒に登り、

そして下山してまいりました。



帰りに「それでは!」ということで別れたはずだったのですが、

どういう理由かTさんが道を間違えて、

再び七面山のふもとにある春木屋別館に戻ってきたことがきっかけとなり、

今日まで一緒に修行をすることになったのです。



Tさんという方は、熱心な日蓮宗の信者さんで

私が会う以前から(35年もの間)修行をしてきた方なのですが、

どうにも こうにも眠気がとれず、仕事にも支障をきたすほど苦しんでいたのでした。



私がTさんを七面山で初めて見かけた時、正直申し上げて、

「とても重いものを背負われている方だなぁ」

と思って後ろから見ていたものでした。



それが、どういうわけかそれから10年のつきあいになるのですから、

人生とは不思議なものです。



当初Tさんを霊視して見えてきたものは、ご先祖様関係のことでしたので、

お墓参りが中心だったのですが3年目をむかえた頃だったでしょうか?




「山の上に神社が見えるのですが、

その神社の正面には、まっすぐに海へ向かう坂道が見えます。


そんな所にある神社がTさんにとって、

とても力を貸してくださる神様がいる大切な所なのですよ」


と伝えたのですが、なかなかピンとくるような所が見つからず10年目に入った時でした。




「函館駅から東へ行った所に、Tさんにとって大事な家があるはずです。

そこの神棚にまつられている神社を調べて来てください。」


ということになったのです。




それから早速Tさんは、

夏休みを利用して北海道の函館へと旅立ったのでした。




10日くらい経った頃でしょうか?



Tさんから連絡があり、私達は驚くべき事実を知らされることになったのです。



函館駅から東にあった家は、T家の総本家で

神棚には“函館八幡宮”のお札がまつられていたというのです。



現在、その海が見える坂道を登った所にあるのは、“護国神社”なのですが、

以前はその場所に“函館八幡宮”があったことがわかりました。



つまり、T家は昔から函館八幡宮の神様に守られていた家だったのです。




これもまた妙なことなのですが、何年か前に私はTさんに、


「八幡宮の総本家である九州の“宇佐八幡宮”へお参りに行くように!」


と、言ったことがあったのです。




今から思えば、

その頃からすでに何らかのヒントが与えられていたのですよね。 



今日まで私はTさんに対して、時には厳しいことも言いましたが、

それに耐え一生懸命修行に取り組んできたからこそ、

ありがたい事実を教えていただけたのだと思います。 



若い頃から順調に生きてきた人には、

このTさんの苦しみや努力のすごさを理解することはできないでしょう。



苦しんで、苦しんで、苦しみ抜いて、生きてきたTさんだからこそ、

これから先の人生で人に与える影響力は、計り知れないものがあると思います。



組織としてやっていく場合、

このような「いぶし銀」の存在がなくてはならないんですよね。



Tさん、これからの人生に期待していますよ!(乾杯!!)





ホームへ 霊能者の寝言・もくじへ このページのTOPへ