霊能者の寝言☆修行者は修行してこそ!☆霊能者の開運霊視

霊能者の寝言

修行者は修行してこそ!

修行者は修行してこそ【修行者】と言えるのです。



たとえば、『霊能者』なら霊山に登って修行してこそ、
霊能力を高めることができるわけです。



世の中には、生まれながらにして【霊能力】が授かっているからと言って、
その【霊能力】を研きもせず、ただ才能だけに頼って生きている霊能者?たちがいるようです。



そういう方たちは、
野球で言うなら『日本のプロ野球選手止まり』で生涯を終えることになるのでしょう。



私はそれがいけないことだと言っているわけではありません。



ただ、才能があるのに
その才能を伸ばす努力もせずにいることが、もったいないな〜と思うのです。



我々【霊能者】と言えども、
自分の体力・気力を活かして修行できるのは、やはり若い時が一番です。



その若い力を出すべき所で発揮してこそ、悔いのない人生をおくることができるのですから、
精一杯 ≪努力≫ して欲しいものです。



大概の人間は皆、生まれ変わります。



それにしても、この世の人生はたった一度だけなのです。



『この時』を大切に生きて欲しいと思いますね。

▲このページのTOP

【霊能者の寝言】へ戻る