霊能者の寝言☆自業自得な人たちがいるのも現実・・・☆霊能者の開運霊視

霊能者の寝言

自業自得な人たちがいるのも現実・・・

人間の世界では、嫌な相手には絶対に目を合わせない人もいれば、
嫌な相手でも心とは裏腹に、とても愛想よく笑顔で挨拶してくる人たちもいます。



前者の場合は、ある意味自分の心に非常に正直な人間なのかと思います。



それに対して後者は、
生き方が上手な人間なのだと思いますね。



これは別に称賛しているわけではありませんよ。



この後者のタイプは、実際の事を確かめたわけでもないのに、
他人の陰口を平気で言えてしまう人たちが多いようなのです。



たとえば、
「あの銀行は倒産するらしいから、今のうちに預金を下ろしておいた方がいいわよ・・・。」
などと言って、人心を惑わすのもこのタイプの人間ですね。



このタイプの人間は、すぐに手の平を返しますから、
自分の立場が不利になるや否や簡単に寝返り、平然としていたりするわけです。



こういう人間は、とても【救いがたい人たち】ですね。



素直な人間ほど、
この後者のタイプにはコロッと騙されてしまう傾向があるようなのです。



世の中には、心が貧しいというか醜い人たちが実際に存在しています。



ある事ない事を、自分の目で確かめたわけでもないのに、
勝手な憶測や思い込みなどでものを言うのです。



『人をたぶらかす』という言葉がありますが、
この『たぶらかす』とは、だます・まよわすという意味で、文字で表すと、誑(たぶら)かすと書きます。



つまり、狂って言うと書くのです。



なるほどなぁ〜と思いますね。



私は今までにも、いく人かの【人を誑かす・救いようのない人間】に会って来ましたが、
その度に私は、その人たちが心豊かになり、
幸せを掴めるように霊視をしながらアドバイスをしてきました。



しかし、こういうタイプの人間は、結局直らない人が多いようです。



植物は根が腐ってしまえば、枯れてしまうように、性根が腐っている人間は、
自分の首を絞めるような生き方しか選べないのかもしれませんね。

▲このページのTOPへ

【霊能者の寝言】へ戻る