霊能者の寝言☆「盆供養を終えて・・・」☆霊能者の開運霊視

霊能者の寝言

「盆供養を終えて・・・」

人間は日々生活している中で、なかなか気付かないかもしれませんが、
かなり多くの目に見えない物を背負って生きているのです。



例えば、最近、頭痛が続くとか、やることなすこと、すべて上手くいかないとかいうのも、
目に見えない何者かを背負ってしまっているから起こると言っても過言ではありません。



そういう人たちというのは、
何か大事な事をやらなければならないものを持っているのです。



言葉が悪いですが、
こういう人たちというのは、徳がない人たちとも言えると思います。



自分たちは綺麗な服を着て良い生活をしているにもかかわらず、
お世話になった方や先祖に対して何もしていない人たちが
浮遊霊に取り憑かれている事が多いようです。



こういう生き方をしていて、自分が困った時に誰が助けてくれるというのでしょうか?



お盆供養や祥月命日供養などをしている人たちというのは、
供養した方々に守られていますので、 浮遊霊に取り憑かれるような事が少ないと思います。



やはり、人間は自分のためだけに生きるのではなく、
他人の幸せのためにも努力するようじゃないと駄目だと思いますね。



2007.8.15 盆供養の様子

霊能者の開運霊視☆盆供養

お供え物をして皆さんのことを、おもてなし・・・
盆供養☆皆さんが幸せに生まれ変われますように!

ご供養が始まりました。
霊能者の開運霊視☆皆さんと心を通わせながら・・・

皆さんのお名前を読み上げています。
盆供養☆たくさん召し上がってくださいね。

妙光先生、自ら茄子ときゅうりの馬を作って・・・ 力作です!!

盆供養へ

▲このページのTOPへ

【霊能者の寝言】へ戻る