魂について
              



人間の魂について語るには、まだまだ理解不足なのですが、

途中経過報告のつもりで書かせていただきます。



いろんな方を霊視していると、どうにも

理解に苦しむようなことが視えてくることがあります。



特に前世の霊視においてですが、魂というものは何度も生まれ変わるということは、

これまでに何度もお話してきましたが、そのこととは別に、魂というのは、

細胞分裂して、二つ以上の身体に分散して存在することもあるようなのです。



つまり、一人の方を霊視していると、

同時代であるはずなのに複数の前世の姿が視えてくることがあるのです。



これは魂というものが、必ずしも一人の人間から生まれ変わって、

一人の人間へと規則正しく生まれ変わるとは限らないことを意味しているのです。



とても不思議な感じがすると思うかもしれませんが、

「人間というのは、様々な魂の集合体から出来ている」

というような興味深いことを言われる僧侶の方もおります。



実際に私も最近では、そういうことではないかと思っております。



まだまだ症例が少ないので、はっきりとは断言できませんが、人というのは魂の集合体なのかもしれませんね。



目次へ戻る