ご供養例

  • 自分の魂の供養
  • 童男・童女・水子さんの供養
  • 一ヶ月間供養
  • 自殺者のためのご供養
  • 祥月命日供養・ペットの祥月命日供養 (妙光庵のみ)
  • 月命日供養
  • 怨霊になってしまった方の
    ご供養
  • 施餓鬼せがき供養(日宗庵のみ)

その他、ご希望のご供養がございましたらご相談ください。

*場合によってはお断りする場合もございますがご了承ください。



 写真提供|ソザイング

■ ご供養について

一般的にご供養は「○○家先祖代々の各霊位」とお参りしますが、特に霊視で出てきた方は、まだこの世に思いを残して現われているのですから、名前を呼んで、懇ろに供養してあげると良いでしょう。

名前が分からない時は、その時の症状やその方の特徴を言って幸せに生まれ変われるようにお参りしてあげて下さい。

又、生まれ変わろうとしている時に名前を呼んでしまうと、元に戻ろうとしてしまいますのでこの見極めは、霊視を受ける度にまだご供養を続けた方が良いかを先生に聞くことが賢明でしょう。

基本的に、ご供養は心を込めてご自身で毎日行うのが一番良いと思います。

ただ、『ご供養する』ということは一度自分の中にその方の辛さや苦しみ憎しみなどを受け入れその後、自分の中のものを浄化させていく訳ですから霊的なものを受け易い霊媒体質の方やまだ心や体が出来てない方などはご供養することによって精神的、肉体的にかなり辛い思いを伴うことがあります。

また、特に思いの深い霊は気持ちを分かってもらえず、何十年、時には何百年もの間彷徨い続けている訳ですから、一日のご供養ですぐに生まれ変われることはないでしょう。

これは生きている私たちも同じことで、辛いことがあった時「あ〜そう、それは辛かったね。苦しかったね」と言って誰かに胸の内を少しでも分かってもらえたら少しづつ前に進んでいくことが出来ますよね。

ご供養も、毎日少しずつ苦しみや悲しみを取り除いてあげることが大切なのです。

前述したように、亡くなられた方にとっては、近親者の方に祈ってもらうことが一番うれしいことだと思うのですが、心がこもった応援であれば、他人の応援であっても元気が出てくるものなのです。

私どもは身体的に不安がある方や、その方が生まれ変わるまでご供養を続けることが困難な方々のお手伝いをさせていただいています。

■ 料金

祥月命日一回1万円 ペットの祥月命日供養一回5千円

その他 1か月間 一件 初月2万円、継続の場合は次回から1万円

■ お申込み方法

・ご希望のご供養内容

・お申し込み者のお名前

・ご供養させていただく方のお名前(ふりがな)

をご記入のうえ、お申し込みください。

まずはお電話かメールにてお申し込み下さい。こちらがお引き受けした後、ご入金ください。

ご入金確認次第、ご供養させていただきます。

お問い合わせ、お申し込みは

受付時間は13時〜19時となっております ※時間厳守

各相談所で霊視を受けたことがない方でもご供養をお引き受けいたします。

妙光庵 turutomihime@ezweb.ne.jp 小林妙光まで

一徳庵 ittoku9119@gmail.com    佐藤一徳まで

今まで私どもがお手伝いさせていただいたご供養は、左の方に記載させていただきましたが、幸せに生まれ変われるようなご供養でしたらお引き受け致しますのでお問い合わせください。

▲page top