208.不正を正す波動を!


私は昨年末からある企業の不正を正すために【波動】を送り続けています。



Oという企業は、創業以来ずっとA社と共に歩んで参りました。


しかし、O企業のトップの二人が天下りにより就任すると、これまでの体制を改めて不正な談合によりB社との契約を秘密裏に取り交わしました。



まるで時代劇の「越後屋、御主も悪じゃのう~」の世界です。



表向きは正規の手続きにより行われているかのように見せかけておりますが、実は違います。



この世に【不正】が罷り通るようになっては世も末です。



2月の7日までにA社に続きB社も受注を願い出ましたので、それからはO企業がどこに発注するのかが問題となりました。



結果は予想通りO企業はB社に発注したのです。



ここまでは想定内の事でしたので驚きもしません。これからが面白い展開になっていくからです。



つまり【大どんでん返し】が起こるわけです。



私はかつて約200㎞離れている野球場に【大逆転をさせる波動】を送り、

延長戦で二者連続ホームランという離れ業により、あるチームを逆転優勝をさせた経験があります。



だから、今回もやってみせます。



不正が罷り通る世の中にしてはなりません。



私は内部告発により、B社との契約が破棄され、正当なA社との契約が成立するように、

【大逆転】を起こさせるための【波動】を引き続き送り続けます。



『念ずれば花開く』です。


祈祷


|TOPボヤキ目次