霊視体験談*ご祈祷体験談☆幸せの黄色い・・・☆霊能者の霊視

霊視体験談*ご祈祷体験談

幸せの黄色い・・・

by:ラッキーガール

先生との出会い

私が先生の存在を知ったのは、今から10年ほど前、私が16歳の時でした。

私と弟が受験に不本意な形で失敗したため、母が気になって、親戚の方を通じて霊視していただき、父方の祖母のご先祖様の中に 複雑な事情を持っていた方を見つけていただいたのがきっかけでした。

その頃の私は、自分に全く自信を持てず、思い通りに行かないのが当たり前、失敗は当たり前、世の中そんなに甘くない、目の前壁だらけ、とにかくマイナス志向でした。

そして、大学2年のとき、初めて先生にお会いしました。(この時初めて先生が男性と知ってびっくりしました。)

このときに、私と弟の生年月日と名前を見ていただくと 「この家の墓は、ラッキーガールちゃん(私です)が守ることになるねぇ。」とおっしゃいました。

私は思わず「私、結婚できないんですか?!」と口走ってしまいました。(そういう意味ではなかったようだったのですが、その頃は、彼氏がなかなかできず悩んでいたので。)

話をしていくうちに、「今のバイトをもう少し続けてみると良いよ。 黄色いものを身につけていると良いよ。」とアドバイスしていただきました。

そこで、その日から、さっそく黄色いヘアゴムを肌身離さず身につけていました。

すると、3ヶ月後ふとした事がきっかけで、ある男性に出会いました。

そしてその1ヶ月後その男性と付き合うことになり、めでたく彼氏ができたのです。

順調に交際を続けてはいたものの、常に母から「先生に見ていただいてOKで無ければ結婚はダメよ。」と耳が痛くなるほどいわれつづけていました。

ある時先生にお会いする機会があったので思い切ってみていただきました。

彼の生年月日と名前をじーーーーっと見て一言、「ラッキーガールちゃん、あたりだよ。」

うれしいというよりホッと肩の荷がおりたほうが強かったのを覚えています。    

結婚が決まって・・・新居探しです。

それから約2年後、私が23歳の時、その彼との結婚が決まりました。

新居を探していたとき、大体の目星がついたので、先生に見て頂くと、「ここはやめたほうが良いね。」と。

かなり見て回ってやっと見つけたところで、しかも築年数も浅かったので、正直、私も彼も途方にくれてしまいました。

しかし、先生が、「大国魂神社へ行ってお祓いしてもらっておいで。 それからでも、遅くはないよ。行ってくると、そのあとぽっと出てくることがあるから。」とおっしゃいました。

私たちは、数日後さっそく大国魂神社へ行きました。

それから、数日後あるマンションに目がとまりました。

といってもまだ建築中で、ずっと、私たちは、そこは結婚式までには間に合わないだろうと思い、 全く気にも留めていないところでした。

でも、気になって入居可能日を見るとなんと結婚式の2週間前。

ギリギリ間に合うかもということで、すぐに詳しい間取りをもらって先生に見ていただくと 「ここなら大丈夫。」と。

家賃も当初の予算よりは少々高かったですが、新築にしては安いほうで、何よりも日当たりが良くすごく良い物件でした。

私たちの中では、新築の賃貸マンションに住めるなんて思ってもいない事でした。

そして、そこの部屋を先生にお祓いしていただきました。

すると、「寝室にゆりかごが見えるから、2人にその内に赤ちゃんができるよ。」と 先生がおっしゃいました。

その頃の私たちは、結婚はしても子供はまだ早いかなと思っていたので、思いがけない言葉に2人とも戸惑い気味でした。

新婚生活、妊娠、そして・・・   

無事に結婚式も行い、順調に新婚生活を送り始めた矢先、私の体に異変が生じ始めました。

そのとき、私は介護の仕事をしていたのですが、夜勤のため昼間寝ていると金縛りが起きるのです。

あまりに頻繁だったので先生に相談することとなり、この時からお堂へ通ってお祓いして頂くようになったのです。

金縛りの原因は、私の祖父が、私が体を冷やしているので子供ができにくい体になりつつあり、 心配して教えてくれていたのでした。

また、その頃のお祓いで転職のきっかけを造って頂いたりもしました。

そして、この頃のお祓いでは、毎回私たち夫婦の間に生まれたがっている子供が出てきていました。

お祓いを受けるようになって約半年後、子供を授かりました。

主人は戸惑ってはいたものの私たちは子供の誕生を待ちわびていました。

しかし、妊娠六ヶ月半ごろ、パタッと胎動が無くなったのです。

私たちの間で生まれたがっているのだから、そんな筈は無いと信じていたのですがやはり死産してしまいました。

主人が先生に報告し、霊視していただくと赤ちゃんが出てきて 「あの体だと弱くて何年も生きられない、このまま生まれると、母さんたちも情が出てきて 別れが辛くなるので、今ならあきらめてもらえると思って、自分で首をしめたんです。 でも、またすぐ戻ってきます。」と言っていたそうです。

次の日お腹から赤ちゃんを取り出すと、胎盤のそばと赤ちゃんのお臍のそばの2箇所のへその緒がきつくねじれて、首に巻き付いていました。

また、戻ってくるという言葉を信じながらも、町中にいる赤ちゃんや子供をまともに見れないほどのショックを受けていました。

二度目の妊娠と新車購入

あるとき、先生に、わたしたち夫婦が伊勢神宮へ連れて行って頂いた時、先生に「ミルクの匂いがするから、じきにまた赤ちゃんができるよ。」とおっしゃっていただいて、本当にその時は嬉しかったです。

それから、3ヵ月後、再び子供が授かりました。

先生に報告し、お祓いをして頂くと、先生から「今度は大丈夫だよ。」と言って頂き、その言葉を信じて妊娠生活を送っていました。 妊娠八ヶ月の頃、「車を買い換えたいけれども、家も欲しいから今買ってしまうと、家は夢の夢だね。」 「今より少し小型の車なら何とかなるかね。」と主人と話していた頃、 お祓いの時、先生に「今の車は振動があって赤ちゃんには良くなさそうだから、思い切って買い換えてみたらどう?」 と話され、「これからは、きっといろいろとお参りに行くことになるだろうし、子だもがいると荷物も増えるから大きい車のほうが良いよ。」と助言していただき、ワゴン車を買うことにしました。

それを決めて、程なくして、偶然にも通常より価格が安いキャンペーン期間に、下取りがほぼゼロだと思っていた車が、ちょうどそこの販売店だけはその車が人気で、思った以上に下取りがあり、私たちが予想していたよりもかなり安くしかも前々から 欲しかった車を新車で手に入れることができました。

無事出産!そして、新居購入、新しい生活の始まり

そして約2ヵ月後、無事に男の子を出産しました。

育児に四苦八苦しながらも、その後も2〜3ヶ月に一度お祓いをして頂きお世話になっていました。

そして、息子が一歳になる直前の頃、先生に「『無事に子供が生まれました』と主人の田舎へ行ってお墓参りをして報告してくるといいよ。」と教えていただき、さっそく主人の田舎の島根県へむかい、 お墓参りの他に、出雲大社・熊野大社・八重垣神社へとお参りに行きました。

それから一週間後、お祓いに行くと、今度は 「そろそろ一家の大黒柱として土地を持ってどっしり構えたほうが良い」と先生は主人に話しました。

また「少しずつ家の物件、探してみると良いよ。」と助言して頂き、探しだしました。

一ヵ月後、私の実家の隣にあった駐車場がなくなって家が2件建つことがわかりました。 詳しい間取りを取り寄せたときには一軒しか空いていなったのですが、 私たちが気になっていたほうが偶然にも空いていました。

さっそく先生に観ていただき、OKが出たので、その後はトントン拍子に決まり、探し始めてから4ヶ月もしないうちに引越しすることになったのです。

引越しの前に、先生に家のお祓いに来ていただいた時、 不思議なことにもうすでに大黒様が家にいらしていたそうです。

その時に、神棚の場所などを決めていただきました。

今はこの家で家族3人快適に過ごさせていただいています。

高校の頃まで、あんなに自信を持てず、一応は将来の希望を持ってはいたものの、半ば人生に諦めを持っていたのが、先生に出会って先生の言葉を常に信じて 行動してきたおかげで、今の主人に出会い、結婚し、元気な子を授かり、また、結婚をして4年の間に、新築のマンションに住むことができ、 新車や家を立て続けに購入できたという思っても見ない、夢のような人生に出くわすことができました。

本当に感謝の気持ちで一杯です。

▲このページのTOPへ