夏越祓(なごしのはらえ)☆霊能者の開運霊視

夏越なごしはらえ

この相談所で霊視を受けていない方でも「夏越の祓」をお受けいたします。

「水無月の夏越の祓する人は、千歳の命のぶというなり」

今年も早いもので、半年が過ぎようとしています。

神社では夏越の祓(なごしのはらえ)が行われ、茅の輪(ちのわ)くぐりをして
悪疫退散・除災招福・延命長寿を願いながら不浄になった心身を祓い浄めるのです。

くぐり方は、神社によってまちまちのようですね。

「夏越の祓」 は、邪な神を和(なご)ますために行う意味から名付けられたそうです。

上半期の罪・けがれを祓う意味で神社に詣でるのもいいんじゃないでしょうか!

生きているといろんな事に出くわします。

その時に、どのような対応ができるのかで、その人の真価が問われるわけです。

人生には様々な波があり、その波をどう乗り切るかが重要です。

幸福な人生を味わうためには、 いかに良い波に乗ることができるかどうかが、非常に大切な要素です。

それから、もう一つ大事なポイントがあります。

それは、調子に乗っていくということは、とても大事なことですが、
つい調子に乗り過ぎて 「欲」 を出し過ぎてしまうと、
知らず知らずのうちに我を忘れ 「運」 を逃がしてしまうことになりますから、
足下をしっかり見て、人生を歩いていくことが大事です。

なんと言っても、感謝の心を忘れないことが一番ですね。

それと、一つの物を大事にするとか、一つの事に熱心に打ち込むことが大事です。

「あれも欲しいこれも欲しい!あれもしたいこれもしたい!」 じゃ欲が深過ぎます。

神様も呆れてしまうのではないでしょうか?
一人の人を大事にするとか、一つの物を大切に扱おうとする心が、
人や物と心が通い合えるようにするための秘訣ではないでしょうか。

人間は順調になり出すと、お世話になった人への感謝を忘れ、前へ前へと進みたがるものです。

そして、大事な 「心」 を忘れていくのです。

「心」 を失ってしまったものには、誰も近づかなくなってしまうものです。

どんな時も平常心を忘れずに、調子に乗り過ぎないように心掛けていくことが大事ですね。


清らかな心を重んじた私たちのご先祖様は、 半年間の罪穢れを人形に移しお祓いし
罪穢れを祓い除く神事を伝えてきてくださいました。

私たちの相談所でも一年の前半終了(6月30日)に際し、
半年間に背負ってしまった邪気をお祓いし、
心身共に清々しくするための『夏越の祓』を行っております。

後半戦も(7月1日〜)生き生きと生活できるように、
しっかり、お祓いをして元気にすごしましょう。

尚、ペットの祈祷もいたしておりますので、
人形にペットの名前をご記入の上お申し込み下さい。

お一人様 3,000円

お申し込み後、振り込みを確認してから人形をお送りしますので
人形に生年月日と氏名(ふりがな)を記入してお送りください。(6月27日必着)

お祓いし、神様・仏様にお取次ぎした後、お焚きあげ致します。

車のお祓い

車のお祓いもしております。

車に知らず知らず罪穢れが降りかかり
思わぬ大事故を起こさないように、
罪穢れを車形代に移し お祓いし、
神様・仏様にお取次ぎした後、お焚きあげ致します。

お申し込み後、振り込みを確認してから車形をお送りしますので
車形に持ち主の氏名(ふりがな)と車種・車番を記入してお送りください。(6月27日必着)

一台 3,000円


それぞれの相談所で受付しております。

お申し込みは、『夏越の祓』希望と明記の上、

をご記入のうえ、それぞれの相談所にお申し込みください。
(受付時間は13時〜19時となっております※時間厳守)

振込みを確認してから、人形や車形を送らせていただきます。

6月27日までに届いた人形・車形のみ「夏越の祓」をさせていただきます。

基本的には、現在住んでいる場所の一番近くの相談所に、依頼して頂くことになっておりますが、もし、特定の方に祈祷を希望したい場合には、直接お電話かメールでお申し込み下さい。

非通知はお断りしておりますので、ご了承ください。お申し込みの相談所は

▲このページのTOP