95.泣きたくなかったら・・・



魂というのは、何度も生まれ変わるのですが、この世での生き方を粗末にしてしまうと、
来世でもまた進歩のない生き方をすることになるようです。


いつの時代も、ただ繰り返すだけの人生では、つまらないと思いませんか?


繰り返しの人生をしないためには、この世での生き方がとても重要です。



この世での人生を、泣いて終わるような人生にしたくなかったら、
自分のためにしっかり努力すべきです。




自分の事もちゃんと出来ない人が、他人のために尽くそうとする人たちがいますが、
それは誤りだと思います。



まずは、自分の人生をしっかり歩んで、
余裕が出来たら自分の周りの人たちに手を差し延べるべきだと思います。




世の中には、神様・仏様を信仰する人の事を
「弱い人間だから、信仰をするようになるのだ!」
と、さげすむように言う人がいますが、絶対にそんなことはありません。



素直な心を持っているからこそ、目に見えないものを信じられるのですからね。


むしろ信仰を否定するような人こそ傲慢な人だと思います。


そういう人は、相当な自信家なのでしょうね。



そういうタイプの人には、必ず落とし穴が待っているものです。



私の体験からすると、信仰を続けていける人の方が圧倒的に少ないですから、
実際は信仰を続ける人の方が強い人間と言えるのではないでしょうか!



謙虚で素直な心を持っている人は、絶対に信仰や修行を途中で投げ出さないものです。


つまり、自分を良くするための修行に終了などないのです。



我が師匠は、あの世に行っても修行をするぞ! と言って亡くなっていったのですからね・・・




   TOP / たわごと目次