69.一族を恨んでいる霊がいると・・・



霊視をすると【人生の妨げ】になっている原因がわかってきます。


その原因の中で≪一族を恨んでいる霊≫がいたりする人(家)の場合には、

下記のような現象が表れることがあります。




・一家離散

・お家断絶(養子をもらわないと家が存続できない)

・長男が生まれない(育たない)

・女系家族

・精神が不安定になる者が出る

・自殺者が出る




これらの事が重なる人の場合には一度霊視を受けてみると良いでしょう。



一族を恨んでいる霊がいる家系の人の場合には、

恨んでいる方々の事を懇ろに供養することが重要です。



こちらの思いを伝えるためにも、とにかく繰り返し継続して供養することをお勧めいたします。




強い怨念の場合は1000年以上も継続して襲ってきていることもあるのです・・・。





恐ろしいものですね。




   TOP / たわごと目次