67.本心を大切に!



【前九年の役】や【関ヶ原の戦い】のように、どんなに力がある部隊であっても、

味方に裏切り者が出るようでは勝てる戦も勝てるわけがありません。



だからこそ今世では裏切りに遭わないように、私は前世で良い関係の人たちのいる所へ行くといいですよ!

と言うのです。




しかし、自分自身を知る意味では前世においての敵側の人に出会うと非常に良いようです。



なぜなら、嫌われることによって自分では知りえなかった欠点を知ることが出来るからです。



ですから対極の人というのも、生きていく上ではとても重要なのです。




対極にいる者同士というのは、一度かみ合わなくなると激しくぶつかり合いますが、

かみ合うと力が倍増する結果をもたらすからです。




人間というのは、ぶつかった時に自分の≪本心≫に気づくものです。




ぶつかったらサヨナラとなる人・・・。



ぶつかる度に相手のことが理解できて、相手のことを更に好きになってしまうようなタイプの人がいます。




私は一時は心が傷つくかもしれませんが、本心を言い合える人が好きですね。



なぜなら、ぶつかり合うことでお互いの欠点に早く気づくことが出来ますし、

欠点を早く直す努力が出来るからです。




私は真剣に相手の幸せを思っているのなら【キツイ言葉】も時には必要だと思っています。



だからこそ私はたとえ嫌われても、相手に必要な言葉を投げかけて行きたいと思っているのです。




本心で生きていくことは難しいことかもしれませんが、私は本心を大切にして生きて行きたいですね。




   TOP / たわごと目次