65.一途じゃないとね!



【チャンス】というのはどなたにも平等に与えられているものです。

 

しかし、世の中にはその【チャンス】をうまく活かすことができる人と活かせない人がおります。

その違いは一体なんなのでしょうか?

私は≪一途さ≫の違いだと思います。

【チャンス】を活かせない人というのは、どうも迷いが多いようです・・・(苦笑)。

誰にでも迷いというものはありますが≪一途じゃない人≫はこの迷いが非常に多いのです。

迷いが多いからこそ判断ミスを犯し【チャンス】を活かせないわけです。

それでは何故迷うのでしょうか?

それは心の根底に【欲深さ】があるからだと思います。

つまり【欲深さ】が災いして判断を狂わせてしまうのです。

私は一途な人の方が迷う人に比べて失敗が少ないように思います!

目移りする人と言いましょうか浮気性と言いましょうか?

あっちが良いと聞けばあっちへ行き、こっちが良いと聞けばこっちに来る・・・というような人たちは、
一途に行動している人に比べてかなりの回り道をしているように思います。

実に勿体ないことだと思います・・・時間は無限にあるわけじゃないですからね!

また、状況判断についてですが、たとえば【肩こり】を取り上げると、

肉体疲労によるものならマッサージが効きますが、

【肩こり】の原因が霊の障りによる場合には、
体に憑いている霊を供養しないかぎり霊は離れてはくれませんから、肩こりは解消されません。

ですから霊の障りによる肩こりは【お祓い】を受けなければ解消されないのです。

つまりマッサージを受けに行っても、時間とお金を浪費するだけで肩こりは治りません。

何事も向かうべき方向性を間違えては良くなるものも良くなりません!

やはり原因に見合った所で処置をすることが重要だと思います。

これらの事はすべて自分が判断して行うわけですから、
正しい状況判断をくだす能力を磨くことが大切です。

正確な状況判断ができるようになるためには、
鑑真大和上のような優れた師のもとで能力を磨くことが大事だと思います。

良い師を選ぶこと・・・そしてその師に一途についていくことが大切です。






   TOP / たわごと目次