62.【恩知らず】は幸せになれません



【相談所】には様々な悩みを抱えた方々がやってまいります。


それらの方々を霊視をしてみると、殆どの方がご先祖様と縁が繋がっていないのです。



やはり身近なご先祖様に応援していただけていない方々の人生は苦しいものです。




そのような方々は『除籍謄本』などを基にご先祖様の命日を調べ、

≪祥月命日供養や月命日供養≫を続けていくと良いでしょう。




先祖を忘れるということは≪恩知らず≫ということです。



皆さん身近なご先祖様を蔑(ないがし)ろにして、自分だけが幸せになれるはずがありませんよ!



まずはご先祖様と【縁を結ぶ】ことから始めてください。


ご先祖様と縁が結べてきたら、次は自分自身の前世というものに目を向けると良いでしょう。



努力しても結果が伴わなかったり、悉(ことごと)く他人に邪魔されたりするような方々は、

前世で呪詛(じゅそ)が掛けられている可能性が高いようです。




それと、まめに【お祓い】を受けるようにすると、更に呪詛が解けるのが早くなります。




皆さん自分の人生をより明るいものにするための努力を怠らないようにしてください!




   TOP / たわごと目次