53.本当の幸せを掴むには・・・



この世には自分さえ幸せであればそれでいい・・・

というような生き方をしている方々がおります。


つまり自分以外の人の幸せのためには協力しない人たちのことです。

これでは本当の幸せは掴めませんね!



私が霊視をしている時に感じる事の一つに、

「この人は幸せを掴める人」と「幸せを掴めない人」というのがあります。


やはり≪素直に行動できる人≫と≪信念を貫き通せる人≫が幸せを掴めるようです。


それと最終的に『本当の幸せを掴める人』というのは、

自分の事を後回しにしてでも自分以外の人の為に尽くすことができる人が、

回りまわって幸せを掴めているように思います。


つまり【徳がある人】のことです。



映画『壬生義士伝』の新撰組の吉村貫一郎などは、周囲の人々に≪守銭奴≫と言われようが、

自分のプライドを捨てて自分の大切な家族の命を守るために生きました。


賛否両論はあるでしょうが、私は吉村貫一郎の信念を持って貫いた生き方は見事だと思います。


この世の中を自分のためだけに生きるのであれば簡単です。



しかし、それだけでは本当の幸せは掴むことができません。


本当の幸せを掴むには【徳を積むこと】が大切なのですからね。


自分のためだけに生きるのではなく、他人の幸せのためにどんな事が出来るのかを考え、

自分以外の誰かのために力を尽くす生き方をすることが大事です。


そうすることによって、人間は【徳を積む】ことができるのです。




この世は【徳】を多く積んだ人が、最終的に本当の幸せを掴むことができるのですからね!




   TOP / たわごと目次