49.居心地がいい・・・という霊



霊視をしていると、激しく霊に憑依されている相談者が来ることがあります。


霊視をしていて感じることは、

憑依する霊は似た性格の人に憑いた方が居心地が良いらしいという事です。




他人を妬む性格の人には妬む霊が・・・

何かに対して憎んでいる魂の人には憎む霊が憑くのです。




悪い霊に取り憑かれないようにするには、自分自身の心を改めていく事が大事のようです。



私は憑依している霊に対して、

一日も早く心が癒され穏やかな気持ちになれますように・・・と供養します。



そして憑依している霊に『来世では○○さんが幸せを掴めますように!』

と祈り(祈祷)ながら、取り憑かれてしまっていた相談者の開運のために祈祷をするのですが、

概ね半年くらいで効果が表れ、

相談者の人生の妨げになっているものが取り除かれていくようです。



人も霊も・・・心を通わせるには時間が必要なのです。




   TOP / たわごと目次