300.わが師『十条の先生』という方



私の師匠である『十条の先生』という方は、福島県会津若松市の東山温泉の近くの裕福な家に生まれました。
子供の頃は人力車で送迎される程の家柄だったようです。
本名は偶然にも私と同じ苗字でした。

師匠は若い頃、東京に出て『お裁縫の学校』へ通っておりました。
その頃の出来事のようなんですが、
路上で手相を見る占い師に出くわした時の事、
同級生たちが「手相を見てもらおう!」と言い出し、
その付き合いで師匠も手相を見てもらうことになりました。

すると「あなたは将来『先生』と呼ばれる人になりますよ!」と言われたようなのですが、
その当時の師匠は『私はお裁縫の先生になるのだろうな・・・』と思っていたそうです。

その後まもなく、師匠は原因不明の病に侵され、38歳まで寝たきりの状態で暮らすことになりました。
その姿を見た実の弟さんが「千葉県の九十九里浜の方に凄い僧侶がいるらしい!一度行ってみよう!」
と言い、師匠を連れて九十九里浜へ向かったのでした。

そこで僧侶の指導の下、九十九里の海で禊を行い、本堂にてお祓いを受けること4日間・・・。

「あなたには祖父の霊が憑いている・・・祖父のお墓を探し出しご供養してくるように!」
と言われ新潟県へ行き、

その後すぐに今度は山梨県の【七面山】へ行くように言われ、
登詣し帰って来ると、まるでテレビを見ているかのように、
今までに見たことも無い映像が見えるようになっていたそうです。

つまり、師匠の身体には≪身の変化≫が起きていたのです。

それからというもの師匠は『霊能者』としての道を歩くことになったのでした。
師匠のお世話になった方の中には往年の大スター『長谷川一夫』さんもいらっしゃいます。

この『長谷川一夫』さんという方はやはり凄い方だったようです。
長谷川一夫さんは「今の私があるのは貴女のお陰です・・・」と言って、
わが師匠に家一軒を建ててくださったそうです。

さすが大物は違いますね~!

その後、近年ではメジャーリーガーのパイオニアと言われたトルネードの投手夫妻もお世話になっていて、
大坂の自宅へも何度か行かれたようでした。

わが師匠は約55年間【霊能者】として生きたわけですが、
本当に欲の無い方でした。

まさに【本物の霊能者】でした。

その師匠が言われていた言葉で面白かったのが「ケチは駄目だよ!ケチは・・・」という言葉。

私も霊能者として26年になりますが、本当にそうだと思います。
『ケチ』は大物になれませんからね~(笑)。

わが師匠の最期は本当に見事なものでした。
師匠が亡くなる一年前の事「私は一年後の92歳で死ぬと出ているからね!」と私に告げた通りに、
わが師匠は1年と3日後に静かに永眠されました。


「私の後継者は貴方一人だよ!天下泰平が大事だからね!」と言うのが私への遺言でした。
是非、来世でもお会いしたいものです(合掌)。




         TOP / たわごと目次