3.前世の記憶は凄い・・・



『東京の霊視』にいらっしゃる方の中に、



今から約900年前に起きた【後三年の役】で活躍された侍の前世を持つAさんがおります。



そのAさんは≪特別な理由がない≫のにも拘らず、何故かBさんの事がどうも好きになれないようでした。





このAさんにはK君というお子さんがいるのですが、



K君の前世には鎌倉権五郎景政という侍だった時代があるのです。





この鎌倉権五郎景政は【後三年の役】で、Aさんの部下として大活躍されたようです。



戦も沈静化し故郷の鎌倉に帰る途中のことです。





突然、鳥海弥三郎の軍勢に襲い掛かられ、



その時に目を負傷し、『K村』で亡くなってしまったのでした。



まだ16歳だったそうです。



このK君の上司であったAさんの落胆ぶりは大変なものだったことでしょう。







Aさんがお子さんの名前を付けるときに、突然頭に浮かんだのが『K』という名前だったそうなのですが、



十数年後にK君の父方の大本(おおもと)の先祖を調べてみたら、



なんと『K村』出身だったのです。





Aさんは偶然にもK君の大本の先祖が住んでいた『K村』と同じ名前を付けていたのでした。



そして、K君には子供の頃にサッカーボールを目に受け、病院に運ばれたという出来事があったそうです。





このように偶然が、あまりにも重なり合うと、これはもう偶然とは言えませんね・・・。



つまり≪歴史は繰り返される≫のです。







実はこの若武者【鎌倉権五郎景政】の前世を持つK君を殺した鳥海弥三郎の上司だったのが

Bさんだったのです。



部下を殺された憎しみをAさんは記憶していたのでしょうね。



このように魂というのは前世のことを記憶しているものなのです・・・。



凄いものです。




   TOP / たわごと目次