282.座敷わらしさんからの手紙



私が岩手県二戸市にある金田一温泉【仙養舘】に初めて宿泊したのは今から3年前の2013年の2月の事。

私の所に来ている相談者の方が【仙養舘】で『座敷わらし』に会ったというので、
それを確かめに行ったのがキッカケでした。

その時に私が【仙養舘】で感じたのは女の子の『座敷わらし』。
それから何度となく【仙養舘】へ行くようになり、
ある時に私はハッキリと女の子の『座敷わらし』を確認したのでした。
私以外にも【仙養舘】で女の子の『座敷わらし』を目撃しているのは、
一徳をはじめ数名おります。
この【仙養舘】にはプロ野球で読売巨人軍を日本一に(9連覇)させた監督『川上哲治』さんも宿泊されていたようです。
私は直接『川上哲治』さんにお会いした事はありませんでしたが、
『川上哲治』さんは私が僧侶になるために行った所へ、
自分自身の修行のために参禅され、
「ボールが止まって見える」
という名言を残された偉大な方です。
私は『川上哲治』さんに対して、
言葉では言い表せない不思議な『縁』を感じています。
『縁』というものは目には見えませんが、
何かを引き寄せる不思議な力があります。
良い場所・・・生きていく上で良いモノを持っている人の所には、
人生を好転させるための素晴らしい『縁』が満ちています。
【仙養舘】もそういう所なのです。
【仙養舘】は人間が忘れてしまいがちな大切モノに気づかせてくれる所でもあります。

先日その【仙養舘】の女将さんから手紙が送られて来ました。
この手紙はまさに『座敷わらし』さんからのメッセージであり、
『座敷わらし』さんと自分とを結ぶ有り難いもの・・・。
私は粗末にしないために神棚の端にそっとお祀りしています。

座敷わらしの宿【仙養舘】には、
女の子の『座敷わらし』さん以外にも別の『座敷わらし』さんがおります。
あれは2014年1月2日の朝4時頃だったでしょうか?
私は【仙養舘】の『白鳥(はくちょう)の間』で亀麿くんに出会ったのです。
懐かしかったですね~‼
私が亀麿くんに会ったのは2005年の1月以来でしたから、
実に9年ぶりの事でした。
亀麿くんも身の置く場所を探していたのでしょうね・・・。
人間も精霊も心が通い合う居心地の良い所を探していくものなのだと思いました。
皆さんもそんな心も体もゆっくりとさせてくれる宿【仙養舘】へ行ってみてください。




         TOP / たわごと目次