274.悪い歴史を繰り返すな!!



今から955年前の1062年『前九年の役』により、
今の内閣総理大臣・安倍晋三さんの先祖が源頼義によって滅ぼされました。

あの『前九年の役』の最中、源頼義・源義家親子は藤原経清の情により、
命を助けられました。

しかし、この源頼義は藤原経清に恩を感じる所か屈辱と感じ、

その後、清原氏と手を組み『安倍氏と藤原経清』を攻めこみます。

それによって安倍氏は滅ぼされ、安倍晋三さんの先祖は伊予へ流され、
藤原経清はノコギリ挽きにより斬首されました。

それから約100年後の1160年『平治の乱』によって源義朝が平清盛に敗れ、
源義朝の遺児である源頼朝が平清盛の情により命を助けられ伊豆に流されます。

しかし、この源頼朝もまた平清盛に命を助けられた恩を感じることなく、

平家打倒を企て1185年『壇ノ浦の戦い』において平家を滅ぼしました。

武士の戦いというのは『恩情をかけた方』が最終的には滅ぼされるのです。

これが【この世】というものなのでしょう。

今、沖縄の辺野古は遠い昔の阿弖流為たちや安倍一族のように、

大和政権と同じような日本国によって攻め立てられています。

これが民主主義と言えるのでしょうか?

まるで今の日本は大和政権の日本や明治維新の長州藩のようです。

やられたらやり返すだけの『歴史は繰り返す』ではいけないのではないでしょうか・・・。




         TOP / たわごと目次