272.妄想と幻聴と思い込み



これまでに私の相談所には不思議モノが見えるとか、
色々な言葉が聞こえてくる・・・と言って沢山の方々が来られました。

しかし、残念なことに『肝心なモノ』は何も見えていない方々ばかりでした。

つまり、自己主張は強い方々なのですが、
相手の心や体がどのような状態になっているのかをキャッチする能力を全く持っていないのです。

つまり【思いやりの心】に欠けた方々ばかりでした。

私たちスタッフは自分自身の体が悲鳴をあげるような状態になっていたとしても、

私たちを待ち望んでいる方々がいれば、
なんとか体を調整してでも行こうとする者ばかりです。

つまり、待ち望んでいる方々がいる所まで耐えられるように、
体を休ませたり治療をしたりしながら、
約束を果たせるように努力するわけです。

しかし、先程の不思議なモノが見える・・・あるいは聞こえるという方々は、

私たちの癒す時間をも奪い、
朝方までメールや電話を掛け続けてくるような方々ばかりでした。

そのような事をする方々に神・仏が不思議な力を与えるとは思えません。
 
自分の思いばかりを相手に強要するのは『子供』と同じです。

このような方々の中には脅迫まがいの言葉を発する人もおりました・・・。

上記の方々が見えたり聞こえたりしているものは、
【妄想】であり【幻聴】です。

つまり【思い込み】でもあると思います。

そのような方々は、何度もじっくりと【霊山】を登りながら、
人間作りをして行った方が良いと思います。




         TOP / たわごと目次