264.燃え尽きるなど有り得ない!!



世の中には目標を達成した途端に、
『燃え尽き症候群』のように、何もヤル気がでなくなる人たちがいるようです。

これらの人たちは物事の捉え方に誤りがあると思います。

たとえば、私が相談者の方に、
「【七面山】を3年間月参りしてください!」

と言ったとします。

もしかしたら、大概の相談者の方々は3年間月参りを達成すると、
「やっと終わった‼これで何かが起こる!!」
と、期待に胸を膨らませているのかもしれません。

しかし、その後・・・何も起こらないと意気消沈してしまうようです。

残念ですが、それは物事の捉え方が間違っているのです。

『【七面山】を3年間月参りした!!』
という事は、
やっと【人生の土台】となるものが築かれたという事なのです。

ただそれだけの事です。

大事な事はそれからの事!!

土台の上に【人生の大黒柱】を建てていく作業があるわけです。

その柱を建てていく作業は、そんなに難しくはありません。

もう【土台】は築かれているわけですから、
今まで通りに『すべき事』をゆっくりやっていけば良いのです。

そうしてコツコツとやり続けていけば必ず『喜び』が訪れるのです。

何事も続ける事【根気】が大事ですからね‼

この世では【根気のない者】はどんなに才能があっても大成しません。

だから【根気】が重要なのです。

つまり、何の才能もない人間であったとしても、
【根気強くやれる者】は必ず何かを成し遂げられるのです。




   TOP / たわごと目次