247.日宗庵に来られる方々の職種ナンバーワンは・・・実は医療従事者なのです。



日宗庵には以前から何故か医療従事者と言われる『医師』や『看護師』の方々が多く霊視を受けに来られます。

医師というのは所謂『科学者』ですから、一般的には非現実的な事や非科学的な事を認めないというか・・・、
信じようとしない方々が多い。

私はそのような方々は『本物の科学者』とは言えないと思うのです。

『本物の科学者』というのは、非科学的な事を認めないのではなく、非科学的な事を科学的に解明しようと努力する人の事をいいます。
つまり、目に見えないモノは・・・『無い』とするのではなく、
何故、目に見えないのかを解明しようとするわけです。

私の相談所(日宗庵)に来られる医師の方々は皆、『本物の科学者』と言える方々ばかりです。

やはり、『本物の科学者』というのは視野が広いですね~。
 
もう一つの職種である『看護師』という職業に就いている方々というのは、人の死に直接関わる事が多いためか?
不定愁訴に悩まされ体調を崩されている方々が少なくないようです。

この世とあの世の分岐点である『病院』に勤務されている方々というのは、
目に見えないモノの影響にも左右されながらの勤務ですから、
想像を絶する激務だと思います。

このように目に見えないモノの影響を受けやすい職業に就いている方々は、
健康な生活を営んでいくためにも、ある程度【定期的な霊視(お祓い)】を受けながら仕事に従事すべきだと思います。




   TOP / たわごと目次