241.魂は生まれ変わる



人は死んだらそれで全てが終わるわけではありません。

人は死んだ後にある時間を経て再びこの世に生まれ変わってくるのです。

そのために前世の記憶を持ったまま生まれ変わってくる赤ちゃんがおります。

ただし、その記憶が頭に残っているのは5歳くらいまでのようです。

しかし、魂はずっと体のどこかで記憶を留めているのです。

だからこそ、私たちはその記憶の反応を確かめるために、
前世で関係したであろうと思われる場所へ行くのです。

そうすると、時には自分自身でも驚くような反応を示すことがあります。

自分自身の前世に関係する所へ行くと、
そこに前世の仲間が再び集まって来ている時があるのです。

その時にタイミング良く出会うことができれば、
その後の人生は大きく変わって行きます。

魂の結び付きの強い者に出会うと、
なんとも言えない充実感と共に安堵感を得ることができるのです。

前世で死に別れた時から、
ずっと会いたかった相手にめぐり会えたら・・・、

これほどの喜びが他にあるでしょうか?




   TOP / たわごと目次