237.祈りというのは・・・


『ライアの祈り』という本があります。
この本には今の日本人に忘れられてしまった大切なメッセージが隠されています。
私は是非皆さんにこの本を読んでいただき、
人間として生きていくための大切な事を身に付けていただきたいと願っております。
 
この『ライアの祈り』にも書いてあったように、
『祈り』というのは自分以外の人のために行うもので、自分自身の欲望を満たすために祈るものではありません。
だから、「私が〇〇〇〇と結婚できますように!」とか、
「宝くじが当たりますように!」というものでは駄目なのです。

特に【霊能者】の場合には『自分の身を守るための祈り』や『自分が成功するように!』みたいな祈りをすると、
どんどん霊能力を失っていく事になるのです。

また、私のマレーシアの知人も言っておりましたが、
【黒魔術】のように誰かの失敗を願ったり、誰かの命を呪ったりすると、確実に自分自身の命も危うくなるわけです。

この『祈り』の力を養うためには≪シャーマン≫や≪霊能者≫が修行した場所へ行くことが一番良いでしょう。
つまり、『遺跡』があるような場所が最高と言えるのです。

自分自身の魂がキラキラと輝いて生きていけるように、是非、自分以外の人のために祈りを捧げるようにしてください。




   TOP / たわごと目次