227.『やきもち』ほど厄介なものはない



マレーシアのヒンズー教の寺院に行くと、
 
仏様の足下に檻に入れられた『虎』をよく見かけます。



この『虎』というのは【嫉妬(やきもち)】の象徴だそうです。

つまり、仏様が『やきもち』を封じ込めているわけで
す。

それほど人間の『やきもち』は厄介なものなのです。




   TOP / たわごと目次