223.苦言を呈する



『苦言』を言われて良い気分になる人は殆どいないだろう。


だからこそ、その『苦言』を言われた時・・・あるいは言った時に、

どの程度の信頼関係かが見えてくるのです。


『苦言』を言われて怒りだすようなら、

人間的成長を望めない人だと思います。



私には『苦言』を呈しても10年間、

私のもとに通い続けて来ている相談者の方がおります。


それが私の誇りです。




   TOP / たわごと目次