211.遠隔での霊視・祈祷・供養



サクランボ農園のAさんが『十二指腸の癌』になったと聞いてから、

 遠隔による【祈祷】を始めて1週間・・・。


 私の体は胃の不調に始まり、今は足に力が入らずフラフラの状態です。

 特に辛いと感じる場所は肺・・・。

もしかすると、Aさんの癌は肺にも転移しつつあるのかもしれません。

しかし、私に症状が移って来ているという事はAさんの状態が良くなってきている証拠。

 私も病気と闘っているAさんに負けないように気力を振り絞って祈祷をしなくては!

 遠隔の【供養】に『1ヶ月間の月命日供養』というものがあります。

これはお寺で行っている【永代供養】のショートバージョンのようなものです。

 供養というのは、本来僧侶が行うようなものではありません。

なぜなら、僧侶の本分は修行をして仏になる事だからです。
 
それゆえ、本来【供養】は霊能者がすべきものだと思います。

 最後に、遠方に住んでいるためになかなか霊視を受けられない・・・、
 
あるいは、病気のために家から出られないという方は【遠隔相談】をご利用ください。




   TOP / たわごと目次