2. 人は離れようとした時に自分の本心に気づく・・・



人間は普段当たり前のように生活をしていると、

つい《ありがたさ》を忘れてしまうものです。



本来【ありがたい】というのは≪有り難い≫ということなのです。

ここに気づかないと駄目ですね!




人間は愚かな動物ですから一度離れることになったり一生の別れになってしまったりした時に、

はじめて相手の存在の大きさに気づかされるものです。



これは土地も人も同じですね。




今朝方私は夢を見せられて気づいたのですが、

私にとっての≪垂水≫という場所は、環境の素晴らしさに惹かれていたのだとばかり思っていたのですが、

実はそうではなかったようなのです。



私の魂はもっともっと深〜い前世のことを記憶していて、

≪垂水≫という土地を懐かしがっていたのでした・・・。




私は古〜い前世でもこの≪垂水≫に思いを寄せながら、

この土地を去っていった前世があったようなのです。



人間は生まれ変わっても知らず識らずのうちに同じような人生を歩むことになってしまうようです。




人の場合も同じです・・・。



失ってはじめて相手の存在の大きさを知らされるのです。



ですからその事に気づいたなら、自分の気持ちに正直に生きることが大事ですね!



そうしないと来世でも同じ運命を繰り返す事になってしまいますから・・・。




是非皆さんには後悔しない一生をおくるためにも、勇気をもって心のままに生きてもらいたいものです。




   TOP / たわごと目次