196.『一人行』は導師に認められてから!



私は『霊能者の世界』に携わって23年になります。



私は師匠(十条の先生)に出会った当初から「あなたは七面山に登ると良くなるよ!」と言われていたのですが、



私が初めて七面山を登詣するまでに8ヶ月間も待たされました。







さらに、私が七面山を『一人行』する事を師匠に認められるまでもかなりの歳月を費やしました。





それは何故かと言うと、私が霊山の『怖さ』を全く知らなかったからなのです。







霊感体質の者が霊山を登ろうとすると、



様々な霊現象により頭痛がしたり背中が苦しくなったり足が重くて上がらなくなったりするのです。





時には嘔吐までしてしまい一歩も動けない状態になってしまう事さえあるのです。







当時の私はそういう『怖さ』を私は全く理解していなかった為に、



【霊山】というものを『ただの山』と同じように考えていたのです。







師匠はそんな私の事を考慮して、心構えや体が出来あがってから【霊山】を登らせようと考えていてくれていたわけです。







『怖さ』を知らないという事は本当に恐ろしい事だと思います。







これは【霊山】だけでなく様々な≪パワースポットめぐり≫においても同様ですから、



特に霊感体質の方々は自分たちだけで≪パワースポットめぐり≫をするのではなく、



心構えと体が出来あがる時までは危険ですから、



出来るだけ我々スタッフと共に行動するようにしてください。




   TOP / たわごと目次