191.その人間の本性が露見する時期・・・



高校受験や大学受験・・・そして就職試験の結果が出る頃、

人間の本性が露見するのです。





苦しいときには「神様・仏様!」と言って、どんなに遠くであっても救いを求めて行った人間たちが、


助けてもらったり、楽になってしまったりすると、


その恩義を忘れてしまう。





つまり『喉元過ぎれば熱さを忘れる』のです。





そうかと思えば、自分の努力の足りなさや実力の無さを棚に上げ、




「あれほど神様・仏様にお願いしたのに希望を叶えてもらえなかった!」





と言って神社・仏閣に結果報告にも行かない者たちが出てまいります。




こんな人間だからこそ、神様・仏様が希望を叶えてくれないのです。





この時期は恩義を忘れてしまう人間が多発します・・・。




つまり、その人間の本性が露見するわけです。





たとえ今回願いが叶った者も『喉元過ぎれば熱さを忘れる』ような者は、


二度と救っては頂けないことでしょう・・・。






恩義を忘れてしまうような人間に明日は無い!




   TOP / たわごと目次