189.『自分自身のお祓い』と『家のお祓い』



この世には神様も仏様も精霊も・・・そして悪魔も存在しています。



その他にも我々人間は【生霊】や【怨念】が渦巻く社会の中で生きているわけですから、



日々の《お祓い》は欠かせません。





常識では考えられない出来事に出くわすのは、



これらの目に見えないモノたちの影響によるものが少なくありません。







我々人間は社会生活を営む中で《生霊》や《怨念》を背負って帰宅するのですから、



家の中には徐々に心身を蝕むものが溜め込まれてしまうわけです。





そこで必要になってくるのが『家のお祓い』です。





出来れば一年に一回の大掃除として『家のお祓い』をしていただきたいものです。



そして、出来ることならその後に、



玄関には『蘇民将来』のお札。



各部屋には『魔除け』のお札。



神棚には『開運招福』のお札をまつり、





日々の生活が安寧になるように心掛けていただきたいと思っています。




   TOP / たわごと目次