165.【悪い生霊】の送り主になりやすい人間とは・・・



「一般的には修行した者の【念】は強い・・・、

だから【強い念を持つ悪い生霊】を送れるのも修行者であろう・・・。」




と思われがちだが、実際は満足な修行をしていない者の【念】の方が、


ネチネチとしていてシツコイのです。





つまり【念】の質が悪いからこそ【悪い生霊】を送り続けられるわけです。






たとえば、一流のスポーツマンの場合は常に失敗を引き摺らないように、


早く気持ちを切り替えられるように訓練されていますから、


悪い連鎖反応を断ち切ることが出来ます。





だから、いつまでも誰かの事を責めたり、【悪い生霊】を送るような事はしません。






しかし、同じスポーツマンでも心の切り替えが上手く出来ない者は、


たった一度の失敗を引き摺るために失敗の連鎖を繰り返しズルズルと後退させてしまうのです。





このような選手は試合には使えません・・・。




このタイプの人間と満足な精神修行をしたことが無いタイプの人間は【悪い生霊】を送りやすいのです。





一流のスポーツマンと精神修行が出来ている者は何事にもサバサバしていますが、


先ほどのタイプの人間は≪執念深く≫、いつまでも過去の恨みを持ち続けますから、


何十年もうるさくつきまとうのです。





つまり、精神修行が出来ていない・・・あるいは精神修行をしたことが無いような人間ほど、


【悪い生霊】の送り主になりやすいわけです。





このようなタイプの人々には人間力を高めるための精神修行が必要です。




そうしなければ他人だけでなく自分自身も苦しめることになりますからね・・・。




   TOP / たわごと目次