163.ミスをしたままでは終わらない!



私に『身の変化』が起きたのは28歳の時でした。


それから私は師匠(十条の先生)のもとへ通い【霊能者の道】を歩き始めたのです。





その当時の私は2年半の間は毎週1回〜2回師匠のもとへ通い続けておりました。





そんな私がある時の事、たった一度だけ師匠の指示に従わなかったことがありました。



それ以来私は6年半の間師匠に≪干され≫る事となったのです。





私が「自分が間違っていた・・・」と気付いたのは≪干され≫た時から3ヶ月後のこと。



私は自分のミスに気付きましたので謝罪をしに行きましたが、

状況は変わらず・・・その後も≪干され≫続けたのでした。






私が師匠の指示に従わなかったのは、師匠を信じられなくてではなく、

私の理解不足が原因でしたので、

≪干され≫たからと言って簡単に「申し訳ありませんでした。お世話になりました。」と、

師匠のもとを去るわけにはいかなかったのです。





簡単に引き下がってしまっては、

自分が師匠を信じていなかった事を認めてしまうようなものだったからです。




私はミスをしたままでは終わりたくありませんでしたので、

≪干され≫た後も自分なりに黙々と七面山を登り続けました。





そして≪干され≫ている間も、

何ヶ月かに一度の割合で師匠の【霊視】を受け続けていたのです。




もちろん良い雰囲気の中での【霊視】ではありませんでしたが、

それでも私は師匠のもとへ通い続けました。




当時の私としては、そうでもしなければ師匠に信じてもらえないと思ったからでした。






私が師匠に許されたのは師匠が亡くなる2ヶ月前の事です。



私はあの時の師匠の言葉を今でも忘れておりません。




それは「あなたが私の後継ぎだからね!」という言葉です。




あれから12年、もうすぐ師匠の13回忌を迎えます・・・




   TOP / たわごと目次