162.覚悟のない者など・・・



「ここで一緒に死ねたらいいと・・・」という歌がありました。





それぐらいの気持ちが無ければ人生を共にする事などできません。





私は今まで何度も「もう食べていく事ができないのでは・・・」という状況を味わって来ました。





しかし、私はその都度

「ここで終わるような人間ならそれまでの事!」



と覚悟を決めて生きて来ました。





だから、弟子たちにもそのぐらいの気持ちで修行するようにと言って来たのです。





たとえば、私と一緒にいる時に地震が起きたとします。





その時に自分の身だけを案じるような者とは人生を共にする事はできません。





覚悟ができていないような者とは人生を共にする事はできないのです。




   TOP / たわごと目次