152.修行者は驕らずに修行を続けてこそ・・・



自分では解ったつもりでいたとしても修行を続けて行くうちに、

更に深い境地を知ることが出来るものです。





私は山梨県の霊山である【七面山】を19年間にわたり、

ほぼ毎月のように登拝し私なりに修行して来たつもりでいました。





しかし、昨年の9月2日から始めた【一年間の三輪山登拝修行】により、

まだまだ至らなかった所を知ることが出来ました。



これは自分にとってとても大きな収穫だったと思っています。




修行者は驕らずに修行を続けてこそ大事な何かを得ることが出来るのです。



楽をして得られるものではありません。





また神様の言葉に素直に従える心を身に付けていない者は、

大事な所で自分の感情を優先し神様の言葉に従えないものです。




自分の思いばかりを優先する者は結局は墓穴を掘ることになり自滅していくのです・・・。





私としては今日も【三輪山】を登りたい・・・、

しかし自然(神様の意思)には従わないといけません。




静かに時を待つ・・・これが出来ない者はイライラして焦るばかりで

指の隙間から幸せを逃すことになるのです。




   TOP / たわごと目次