150.もっと本人が努力しなけりゃ・・・



三輪山を毎日登っていると参拝者のために、
一生懸命に参道の掃除やメンテナンスをしてくださっている方々に出会います。

本当に頭が下がります・・・。

あの方々の姿や汗を見れば「いい加減な事など出来ない!」と思います。

人生が思うように行かないとか、困った時だけ助けを求めに来る人がいますが、

自分の人生を良くしたいのなら、もっと自分自身が真剣に何事にも取り組むべきだと思います。


望みばかりが一杯あって当の本人は努力もせずに、
ただ神頼みじゃ話になりません!

こんな人間ばかりじゃ日本も危ういと思います。

なかなか思うような人生を歩めないのは自分が悪いからです。

ちゃんと努力しない【自分】が悪いだけ!


他人から嫌がらせを受けやすいという人がいますが、
それは解釈が違うと思います。

嫌がらせのような事をされるのは自分に至らぬ点があるからだと思います。

他人が嫌なヤツじゃなく、本人が一番ダメなヤツなのです!

それが分からないうちは何をやっても無理でしょう。

私はそう思います。


世の中には自分では【やる気マンマン】で生きているにも拘らず、
どうしても体が思うように動かなくて部屋の中で潰れたまま横になるしかない人たちがいます。


これは体力だけでなく≪霊力が足りない≫のが原因なのですから、

自分の霊力をアップさせるための努力を【石にかじりついてもやる】という根性が必要です。


自分の人生を良くしたいのなら、自分自身が自主的に動かなければ良くなるはずがありません。


私が岐阜県の正眼短大で修行している頃の話ですからもう24年も前の事になりますが、

正眼短大には修行したくて来た者と寺を継ぐために仕方なく修行に来た者とがおりました。

やはり、やらされてやっているような者は物になりませんね・・・。

自らの意思でやるようでなければ大事な物を身に付ける事は出来ないと思います。

何事も自主的にトレーニングをするくらいでなければ、

人生を変えることは出来ないと思います。




   TOP / たわごと目次