144.自分自身にとっての【パワースポット】



私は霊視をしていると様々な時代の前世の姿が視えてきます。


前世を知る意味というのは、どのような生き様をしたかを知ることが重要であって、

自分が誰だったのかを知る事はあまり問題ではありません。





霊視というものは実に不思議なもので繰り返し霊視をすることによって、

徐々に前世の事が鮮明に分かってくるのです。





この世での運命は前世での自分自身の生き様が【因果応報】により、

今世に反映されているのですから他人の幸せを妬んでみたところで何の意味もありません。





たとえば、他人が持っている広大な土地を羨ましがって眺めていても、

自分の人生は決して良くなるものではありません。





他人の事を羨むよりも自分に与えられた土地を工夫して耕すことの方が重要なのです。



自分の所でしか採れない≪おいしい物≫を育てられるような土を作るべきです。





他人を妬めば妬むほど、人間は醜くなるものですからね!





先程も言いましたように、

今世での暮らしは自分が前世でした事が反映されての事なのですから分相応なのです。





生まれ変わりというのは、その前世の因縁を乗り越えるためのチャンスなのですから、

自分の前世の生き様を知るということはとても重要です。





自分自身の人生を好転させるための【パワースポット】として、

様々な場所が取り上げられておりますが、開運させる場所というのは人それぞれに違うものです。





本当の意味で開運させる場所というのは、 皆さんが≪前世でお世話になった所≫なのですから、

そこへ【お礼参り】に行って来れば良いのです。





まずは自分が前世でどこにお世話になったのか?を知ることが先決です。





霊視を受けに来る相談者の中には、

「霊視を受けようとして相談所に向かって来たら、

急に具合が悪くなり、もしかしたらここに来てはいけなかったのかな?と思うことがありました。」

と、正直な気持ちを伝えてくださる方がおりますが、これは物事の受け止め方が違います。





前世の因縁により人生の邪魔をする者が【開運の邪魔】をしているだけなのですから、

それに負けてはなりません。





私も昔わが師匠(十条の先生)に、

「体が苦しくなった時こそ、なんとかしていらっしゃい!」と言われたものです。




そうやって生きて来たからこそ今の私があるのです。




皆さんも前世の因縁に負けないように、自分の新たな人生のために努力してください。




   TOP / たわごと目次