13.キツネにとりつかれると・・・



みなさんの中には、「あいつは、キツネにとりつかれているのだ・・・」

という言葉を聞いたことがあるという人もいると思います。



それでは、キツネ(野狐)にとりつかれると、いったいどのようになるのでしょうか?



それはまず第一に、目つきが悪くなるようです。

そして、精神的に情緒不安定になるため、言うことがコロコロ変わり、話がかみ合わなくなります。



つまり、キツネに翻弄されているわけです。



キツネ(野狐)は、人をたぶらかしたり、喧嘩をさせたりして、

人と人とのつながりを壊す傾向があるようです。



キツネにとりつかれた人は、

人が変わったように他人の悪口を言い出したり、

他人をイライラさせたりするものです。



それと、どうも耳が聞こえにくくなることもあるようです。

そのために、聞き違いによるトラブルが発生してしまうのです。

たとえ人の話を聞いたとしても、大事な所を聞き流してしまい、

どうでもいいような仮の例え話だけが頭に残ってしまうために、

自分で勝手に話を膨らませ、話の内容をねじまげて解釈し、

意味不明なことを言い出すのです。



こうなってしまうと、友達はどんどん遠ざかってしまい、

ついには、ひとりぼっちになってしまうのです。



つまり、孤独な人生をおくることになるわけです。



これが、キツネの手口であり、

キツネの術中にはまってしまったことを意味するのです。


怖いですね〜 これでは、人生台無しですものね。

こうならないためには、どうしたらいいのでしょうか?



それはとにかく、とりつかれた本人が嫌がる、

聴きたくもない助言を言ってくれる人の元へ連れていくことですね!



それが、最高の治療だと思います。




   TOP / たわごと目次