120.嘘つき



【嘘】は当然いけない行為です。



しかし、時と場合によっては『嘘も方便』となり許されるべき時もあります。





何と言っても絶対に許せないのは他人を陥れて【冤罪】をつくる人々です。





この【冤罪】を晴らすにはかなりの時間を要します。




私も以前この【冤罪】を晴らすのに6年半もの歳月を要したことがありました。





それでは何故【冤罪】を晴らすのに時間が掛かるのかというと、


【冤罪】をつくる人々の方が濡れ衣を着せられる人よりも一枚上手だからです。





【冤罪】をつくる人々は見た目も弱々しく、誠実そうな素振りをし、涙を流しながら話をして、


迫真の演技をしますから当然聞かされている人たちには同情心がわいてくるわけです。




それだから普通の方々はコロッと騙されてしまうのです。





しかし、いつも言っているように神様はちゃんと見ていますから、


【冤罪】をつくる人のそばからは次第に友達がいなくなっていくのです。





【嘘つき】は何度も嘘を繰り返しますから徐々に信用を失っていき、


最終的には誰も友達がいなくなるわけです。




哀れな人生だと思います。




この【嘘をつく】という行為が憑依によるものであるなら、



徹底的に霊能者の霊視を受け、お祓いを受け続けることが肝心です。




   TOP / たわごと目次