107.自殺願望のある人へ



どうせ人間は早かれ遅かれ必ず死ぬんだから・・・

と簡単に『死』のことを口にする人がいます。



確かに人間は必ず死ぬものです。



死ぬために生きているといってもいいかもしれません。



それだからこそ、どのように死ぬかが問題になってくるのです。



『死にざま』は『生きざま』・・・にもつながるからです。



それゆえに、どう生きるかが大事になってくるわけです。



ビクビクしながら生きるのも一生。思いっきり生きるのも一生。



生きざまが重要なのです。



なぜなら、この世だけの『命』ではないからです。



この命を魂と言ってもいいでしょう。



魂は、何度も何度も『生まれ変わる』ものです。



魂は、前世の事を記憶していて何度も同じことを繰り返し、

同じ失敗を繰り返すようなのです。



だからこそ、この世において学習し同じ間違いを繰り返さないことが重要です。



たとえば、生き方において『他人』より『自分』を最優先に生きているような人は、

それなりの『死』が待っているものです。



そしてそれに止まらず、生まれ変わったとしても誰からも相手にされず、

そして誰からも信じてもらえないような人生が用意されているのです。



これを聞いて、あなたはどう感じますか?



そして、あなたならどう生きようと思いますか?





決して私はいい加減なことを言っているわけではありません。





霊視をしていると、様々な人々の人生を見ることができるのですが、

その中で私が感じることは、



この世での出来事は全て『前世』での生きざまが反映されているということです。



来世での楽しみを得るためには、

『今、この時』を、どう生きるかがとても重要です。



だからこそ皆さん、しっかり生きてください!!



最近は、インターネットで知り合った者同士が、一緒に自殺をするというニュースをよく耳にします。



とても嘆かわしいことだと思います。



神様からいただいた命を何だと思っているのでしょうか?



人間は自分だけの力で生きているわけではありません。



実際は神様という目に見えない大きなものによって生かされて生きているのです。



つまり、生きることには何らかの意味があるわけです。



その意味を自分なりに見つけて、自分に与えられた才能を活かしつつ生きるべきなのです。



生きることは、ある意味修行かもしれません。



だからどんなに辛かろうと、その修行から逃げてはなりません。



自殺というものは、どんな理由があるにせよ『今』から『逃げる』ことに他ならないからです。





困難から一度逃げてしまうと『逃げ癖』がつき、また逃げたくなるものです。



これは今世だけの問題ではありません。



この世で逃げると、来世でも逃げたくなってしまうのです。



つまり、一度自殺して逃げた経験を持つ魂は、

次の世でも繰り返し自殺してしまう傾向があるのです。



それゆえ、決して『逃げの魂』を育ててはなりません。



どんなに辛かろうと、今世を精一杯ふんばって生きていくべきです。



『この人生』を踏ん張れば、必ず出口が見えて来ます!



今、本当に辛い生活を送っている方も、

来世の自分の人生のために、僅かでもいいですから『前のめり』の生き方を心がけましょう。 



諦めからは、何も生まれませんからね。




   TOP / たわごと目次