10.【類友】の霊が憑く



東京(小岩)開運相談】には「自分を変えたい!」という人たちが訪ねてくる時があります。

私はそのような人たちには必ず「それならば今付き合っている友達と一時の間、離れなさい!」と言います。

これは≪永遠に≫というわけではなく、相談者自身の『物の見方・捉え方が変わる時まで』の事です。

私が何故そのような事を言うのかというと、努力しない人には【怠け者の霊】が憑いている場合が多いので、努力しない人は更に努力しなくなってしまうのです。

たとえば【怠け者の霊】が憑いているような友達といつまでも付き合っていると、相談者の体から【怠け者の霊】を切り離す事が出来ないからです。

『朱に交われば赤くなる』のですから、まずは【類友】から離れる事が重要なのです。

人は交わる友達によって良くも悪くも影響を受けるからです。

【怠け者】の集団から抜け、【自分自身を変えて行こうとする】集団に交わって行くと、必ず人間は変わって行きます。

私も師匠(十条の先生)に出会うまでは努力しないタイプの人間でしたから、自分と似た人間を見ると、かつての自分を見ているようでイライラする時がありました。

しかし、今は相談者が≪変わる時≫まで待てるようになりました。

それでもいつまでたっても努力しないままの状態が続くと、3年半に一度ぐらいは雷を落とす事があります。

私が雷を落とす時は怖いですよ〜。





   TOP / たわごと目次