日めくりカレンダーが出来ました!

日宗先生の言葉が1日〜31日までのカレンダーになりました。

カレンダーをめくるたびに、今日を過ごすヒントが・・・。

カレンダーは壁掛け用。

サイズは、130×410です。

1冊 千円(送る場合は、梱包代+送料)

ご希望の方は『日宗先生のカレンダー希望』の旨、


妙光まで
tel:080-5492-8930
email : turutomihime@ezweb.ne.jp



カレンダーを購入された方からのお手紙です!

日めくりカレンダー、あれはまるで「今日のたまふり」みたいな啓示です。

本当に面白いものですね!
ぴったりとあてはまり「今日、この言葉をかけていただいてよかった!」
と思う毎日。
毎朝5時起きで、子供のおべんとうの準備をするときに、カレンダーをめくります。
そして言葉を読み、「ほー、今日は、こういうことがおきるのかもしれない」と肝に銘じておくと、
午後、夕方、本当に「お!あの言葉のお蔭で、クリアできた!」と思えることが多々あるんです。
つまり、言葉を読むことで、心に覚悟をし、そして冷静に一歩引いて対処できるんですね。

あるとき、長女をとっても叱ってしまったとき、長女が泣きました。
そのときの言葉は「怖い顔になってませんか?」でした。
ああ、しかるにしても、怖い顔をしては意味がない、しっかりとわからせるためには
長女には怖い顔は、逆効果なんだ、と思った次第・・・・。
つまり怖い顔になるというのは、自分の何かの事情が出て、
いつもと違う叱り方、つまり「怒り方」になってしまっていたのだと。

自分をいましめ、反省をしました。

そして、またある日のこと。
次男を叱るかどうか、ふと迷っていた日、そのときの言葉。
「子供を甘やかしてはいけません。」(笑)

おー!先生!ありがとうございます!しっかり叱ります!

それ以外にも、夫の職場で、事務をしている方が人間関係のトラブルに巻き込まれ

夫や私に助けを求めに来られたとき、
その日の言葉は
「何事もがむしゃらにやればよいというわけではない」
というものでした・・・。
そう、私たちにできることとできないことがあります。
いろいろと頼まれましたが、
できることはしっかりとやり、そしてできないことに、あくせくしても仕方がありません。
彼女のために、できる限りのことはしました。
そして、今は静観中、というところです。

そしてある日、面白いことがありました。
いつも私は台所や風呂場3カ所、すべて綺麗にしているのですが、
あるとき、なぜか風呂場のシンクの、普段は見えないところ(排水溝のふたの裏)に
オリのようなものが見えました。
そこまでは綺麗に仕切っていなかったようです。
「週末に綺麗に磨こうかな」と一瞬思ったのですが、その日の言葉は、
「水場を綺麗にしないと幸せにはなれません」というものだったのです!
つまり、「今日、この汚れを見つけたのも何かの啓示!今綺麗にしなければ!」
と思ったのでした♪

日めくりカレンダー、我が家で不思議な力を放ってくれています!!!

本当にありがとうございます!!!



     もどる