01月


2011年01月01日土曜日
【生き方が見えてきた!】
あけまして おめでとうございます!


今日は昼の12時に【日宗庵】を出て三輪山へ行って参りました。

もの凄い人出でした。

人に酔う・・・とは、この事だと思いました。

クラクラ来ました(笑)。



それでも全然大丈夫でしたよ!

あの人・人・人の中を掻い潜るように狭井神社までの道のりを歩いているうちに、

【自分の生き方】を見つけました。


結局は自分の思うように、自分が信じる道を歩いて行けば良いのです。

それに気付けただけで今日は最高の一日になりました。


2011年01月02日日曜日
【仕事始め】
今日はいつものように朝6時に起床し三輪山へ向かいました。


流石に正月三箇日ともなると皆さん動き出すのが早いですね〜。

駐車場も大鳥居付近の所からほぼ満車状態でした。


我々のお参りが終了した頃には昨日と同じように渋滞が始まっていましたので、

やはり早めに動き出した方がスムーズに行動が出来そうです。



いよいよ【日宗庵】は今日から仕事始めです。

今年は私にとっての勝負の年。

しっかり【三輪山修行】をして力をつけたいと思います。


2011年01月03日月曜日
【外気温0℃】
今朝も6時に起床し三輪山へ行って参りました。


今日はペットボトルを持つ手が悴むと思ったら気温が0℃でした。

どうりで寒かったわけです。


正月三箇日の大神神社は日がたつにつれて落ち着きを取り戻している感じがします。



大神神社の参道を歩いていると、

神職の方々や警備員の方々そして掃除をしている方々に声を掛けられるのですが、

有り難いことだと思います。


たった3日間三輪山に登れなかっただけなのに、

この3日間がすごく長〜く感じられました。

努力することが嫌いだった自分が明日からまた三輪山に登れるのかと思うと嬉しくなるのですから、

人間というのは変われば変わるものです。


だから人生は面白いのです!


2011年01月04日火曜日
【三輪山の有り難さ】
本日140回目の三輪山を登って参りました。


今年初めての三輪山は妙光さんと我が娘と3人で登ったのですが、

途中でアカペラの女王Tさんと奈良の井上さん、そしてKさん夫婦に会いました。


下山の時には本日最初の霊視をすることになっている長野県のMさんに会いました。

Mさんは長野県から夜行バスに乗って奈良で霊視を受け、

すぐにまた長野県へ帰るのですから・・・凄い行動力だと思います。


やはり自分の人生を変えるのは【行動力(実行力】だと思います。

たとえどんなに口が達者でも行動(実行)しない人は絶対に幸せを掴めません!



奈良の井上さんは昨日は伏見稲荷大社を参拝し、今日は三輪山を登拝したわけですが、

今回の三輪山では一度も休憩することなく頂上まで登れたそうです。

努力する人には必ず神様からのご褒美が頂けるものです。


私は霊山(神・仏の山)を登れるというのも神様からのご褒美だと思っています。

毎日【三輪山】を登れる幸せ・・・これは奈良に引っ越してきたからこそ味わえる喜びです。



朝から三輪山を登れると本当に気持ちが良いですね〜。

気持ちが引き締まるというか・・・、

神様の懐に抱かれているという安堵感が気持ちを楽にするというか・・・、

よく分かりませんがとにかく気持ちがスッキリします。


また明日から連続で【三輪山修行】を続けるつもりです。

修行者は修行してこそ自分の生きる道が開くのですからね!


2011年01月05日水曜日
【続けることの難しさ】
本日は妙光さんと一緒に141回目の三輪山を登って参りました。


今日は昨夜からの体調不良によりフラフラ状態で登拝して来ました。

毎日【三輪山】を登るというのは口で言うほど簡単ではありません。


いつも体調が万全とはいかないからです。



昨夜は認知症の父とトイレを争うかのように交互にトイレ詣でになりました(笑)。

お陰で寝不足・・・。


風邪をひいたのか原因はよく分かりませんでしたが、

体の節々が痛く頭痛を伴いながらの三輪山登拝は夢遊病者のごとくとなりました。


それでもなんとか頂上まで辿りつき参拝して帰ってきたのですが、

阪神の金本選手の偉大さが身にしみました。


2011年01月06日木曜日
【有り難さを知る】
本日142回目の三輪山を登って参りました。

今日からは大神神社も通常通りの様子になっておりました。


昨日は体内に熱がこもっているような感じで、山を下山する時などは振動の度に【胃】が痛くなり、

その都度【胃】を押さえながらの下山でした。


『日宗庵』に戻ってからは、スポーツドリンクとリンゴとみかんとヨーグルトのみの食事で、

夕方までずっと横になっていました。



今朝は目が醒めると【胃】から【小腸】に痛みが移動していて、

これはちょっと三輪山へ行けないかも・・・というような状態でした。


そしてもう一つ、

私は25歳の頃に【座骨神経痛】を患って以来、毎朝≪お風呂≫に入り腰を温めるようにしているのですが、

今日は体調が良くなかったせいか、そのお風呂場で≪討ち死に状態≫になってしまいました。


これではまるで謀反により入浴中に殺された源義朝のようになるところでした。

こんな私でもスッポンポンで死ぬのはちょっとね・・・という感じがします。



そんな出発前の状態でしたが、元々「修行中に死んだら本望!」と思って始めた【三輪山修行】ですから、

とにかく三輪山へ向かったのでした。



人間は元気過ぎるとすべて自分一人で生きているような気になって、

他人の有り難さを忘れがちになってしまうものです。



私も久しぶりに体調を崩したことによって【感謝する気持ち】の大切さに気付かせて頂くことが出来ました。



今日は特に三輪山の麓の【狭井神社】に着いた時に「今日も来れた!」という安堵感と共に、

お参りさせて頂くことが出来たという感謝の気持ちが自然に湧きあがって来ました。


なんでも当たり前と思ったらいけませんね!

いつまでも【感謝と謙虚な心】を持ち続けたいものです。


今日は暦の上では【小寒】です。

これから【節分】の頃までが最も寒くなる時です。

寒さもこれからが本番ですから気持ちを引き締めて生活して行きたいと思います。


2011年01月07日金曜日
【自分の前世を知って魂を磨こう!】
本日143回目の三輪山を登って参りました。


昨日から宗観さんも私と共に三輪山を毎日登り始めています。

宗観さんは昨年から急激に修行が進み、もう少しで霊視ができる程にまでなって来ました。


霊視能力というのは自己流で修行をしているよりも、

【霊能者】と一緒に霊視をしていく方が霊視能力を開花させるのが早いのです。



修行者は生きている限り修行を続けることが当たり前ですから、

修行を怠るわけにはいきません。



私は今年から特に古代からの日本の歴史に注目して行こうと思っています。

現代でも公文書に改竄が行われているわけですから、

真実を立証しにくい古代の事となると尚更怪しいことばかりです。


だからこそ霊能力を駆使して歴史の謎を解きながら真実を突き止めれば、

どれだけの癒される魂があるのかわかりません・・・。


これは誰も言っていない事ですが、

私は日本の歴史上で名前が残っている人物の中で、

一番最初の大怨霊は【長屋王】ではなく【武内宿祢】だと思っています。


この【武内宿祢】の子孫には葛城氏・巨勢(こせ)氏・平群(へぐり)氏・紀氏・蘇我氏がおります。

私の前世はこれらの方々に関わりがあるからこそ、奈良県に移り住むことになったのだと思っています。


つまり私は魂の故郷に帰って来たというわけです。


今年の私は自分の前世を見極めて行きたいと思っています。


2011年01月08日土曜日
【前向きな人生を!】
本日144回目の三輪山を登って参りました。


今日もアカペラの女王Tさんはとても良い笑顔でしたよ!

そして決して65歳には見えない速さで下山しておりました。


過去ばかりを振り返っているような人間には到底できない行動だと思います。

常に前を向いて歩いて行けば【しわ】は増えにくいのではないでしょうか?(笑)

そんな事を思う今日この頃の私です(笑)。


【三輪山修行】も5ヶ月目に入り、汗のために眼鏡がサビついてきてしまいましたので、

眼鏡を買い替える時間も惜しいので、もしかしたらそのうちにミスターマ〇ックさんのように、

≪サングラス霊視≫をするようになるかもしれません。


冗談はこれくらいにして・・・、

私の信条は自衛隊員の頃から【専守防衛】です。

自ら相手を攻撃するような事は致しません。


ただし、身の危険を感じるような攻撃を受けた場合には絶対に容赦しません!


お陰さまで奈良に来て以来【三輪山修行】のお陰で≪祈祷力≫が増したらしく、

私が『人生を妨げる方々に対する祈祷』をしていると、

依頼者の方々からの報告によりますと思いもよらぬ効果が出ているようです。

嬉しいことです。



とにかく人生は性質の良い人間と友達になることが重要です。


様々な甘い誘惑に負けずに自分の信ずる道を地道に歩くことが重要です。

ついて来ない者に振り回されるのではなく、我が道をひたすら歩いて行けば良いのです。

ついて来る者は必ずついて来るのですから!



今日は久しぶりに爽快な気分で三輪山を登れました。

本当に有り難かったです!


2011年01月09日日曜日
【人を生かし、人を育てる】
本日145回目の三輪山を登って参りました。


今日は10時から【古墳めぐり】がありましたので、

急いで三輪山を登って来ました。


下山の途中で東京杉並のKさんに会ったかと思ったら、

狭井神社近くでは奈良の井上さんとナベッチさんに会いました。


一生懸命に生きようとしている人々を目にすると嬉しくなりますね!



今日は奈良博士のIさんの案内のもと、

私の念願だった≪山の辺の道≫を歩きながら公認の崇神天皇陵と本当の崇神天皇陵、

箸墓古墳・天武持統天皇合葬陵・高松塚古墳・文武天皇に関わるのではないかという中尾山古墳、

そして斉明天皇・間人(はしひと)皇女が眠る牽牛子塚古墳を巡って参りました。


楽しかったですね〜。


認知症の私の父も同行したのですが、

父は元気に≪山の辺の道≫つまり日本最古の国道をしっかり歩きました。

父はとても楽しそうでした。

元気な父を見ていると息子としても嬉しいものです。


認知症の父を支えてくれた妙心さんとMちゃんに心から感謝致します。



血の繋がりもなく配偶者でもないスタッフの方々に支えられ、

今・・・私と父は生かされています。

本当に感謝しております。



このご恩に報いる為にも、

私は『人を生かし、人を育てて行きたい!』と思っています。


2011年01月10日月曜日
【成人式を迎える皆さんへ】
本日146回目の三輪山を登って参りました。


今日は下山の時に昨日福島から霊視を受けに来たIさん、

そして奈良博士のIさんに会いました。


奈良博士のIさんの後ろには宗観さんがボディーガードのように守りを堅め、

その姿には頼もしさを感じました。


宗観さんは今年から修行三昧の日々になりますので、

体形も『ケビン・超すなー』クラスになるのではないでしょうか!




最近の私の仕事はなぜか【遠隔霊視】や【祈祷】が増えてきているのですが、

今日も気合いを入れて霊視の仕事をしたいと思います。



そう言えば今日は≪成人式≫ですね〜。

思い起こせば私の人生の中で一番暗い時が20歳前後でしたから、

成人式を迎えた日の事は今でも鮮明に覚えています(笑)。



あれから30年近く経ちました・・・。


今の私があるのは全て十条の先生と言われた霊能力者のおばあちゃんに出会ったのがキッカケでした。

本当に感謝しております。

人生において出会いって大切ですね!


皆さん良い出会いを!


2011年01月11日火曜日
【心の修行】
本日147回目の三輪山を登って参りました。


今日は『霊能者のボヤキ』のブログを書いてから三輪山へ向かいましたので、

いつもよりもゆっくりペースで行って来ました。


私は【奈良】に修行しに来たのですが、

どうも私がしようとしている修行とは別な修行を強いられている感じがします。


まさに【心の修行】です。


2011年01月12日水曜日
【才能よりも人間の質】
本日148回目の三輪山を登って参りました。


最近【仏像案内係】のKさんに会ってないなぁ〜と思いながら歩いていたら、

今日は久しぶりに大坂のFさんに会いました。


そして目標『三輪山100回登拝』を目指して宗観さんと一緒に登っている高知県のSさんに会ったのですが、

人生は努力し続けることが最も大事だと思います。

「努力に勝る天才なし!」ですからね。



世の中には【才能】に惚れこんで結婚する人がいますが、

これはどうかなぁ〜と思います。


たとえ才能を持って生まれてきたとしても、人間の質が悪ければその才能は開花しませんからね・・・。



もし人間の質が悪くても持っている才能に惚れこんで結婚したとしたら、

その一生は地獄を見る事になることでしょう。


私は才能よりも人間の質を重視すべきだと思います。



「自分は他人が言うほど悪くない!」と思っているような人間は問題外ですが、

たとえ今まで悪行をしてきたとしても、自分は悪いものを持っていると認め、

そういう自分だからこそ自分を改善させていきたいと望む人間であれば必ず変われます。


私はそのような≪質の良い人間≫と付き合って行きたいと思っています。


どんな人間でも磨き続ければ必ず光輝くものです!


2011年01月13日木曜日
【チャンスを生かす人、そしてチャンスを逃す人】
本日149回目の三輪山を登って参りました。


昨日は風が吹くと木々の枝に付いていた氷が降って来て、

当たると痛い状況でしたが、今日は中津磐座から頂上までの間は所によりアイスバーンでした。


そんな状況でもアカペラの女王Tさんは三輪山を登っていました・・・。

素晴らしいですね〜。

やはり行動力(実行力)のある人は説得力があると思います。


いくら口が達者でも行動が伴わない人は、

口で人を騙せてもいつか必ずボロが出て信用を失うものです。


また、口と腹の中が違い過ぎる人も神様には受け入れられません。


私は人の評価などどうでも良いと思っています。

私が望んでいるのは神様に受け入れてもらえる人間でありたいと言うことです。


私は子供の頃から【伊達直人】のような人間になりたくてプロ野球選手を目指し、

高額納税者になったなら≪児童施設≫にプレゼントを持っていくのが目標だったのですが・・・、

いつの間にか【しがない霊能者】になっていました(笑)。



こんな私ですが自分をステップアップさせる為に奈良県に引っ越して来て、

毎日【三輪山】を登っているわけです。


私自身を守っていくならずっと東京で霊視をしていれば、

3ヶ月先まで霊視の予約が入っていたわけですから人生安泰だったかもしれませんが、

一人の修行者として生きるのであれば、

『百尺竿頭(ひゃくしゃくかんとう)一歩に進む』

覚悟で生きていくべきだと思って奈良に修行に来たのです。



これは本当に厳しい生き方です。

やってみれば分かります・・・。

本当に【覚悟】がなければ出来ません。

だから皆さん真似しないでください!




人生は命懸けでやった者には敵わないものです。



この世はチャンスを生かす人とチャンスを逃す人に分かれます。

チャンスを生かす人と言うのは、自分の命を誰かに預けられる人だと思います。

そしてチャンスを逃す人というのは、自分を守ろうとし過ぎる人・・・だと思います。

皆さんはどちらですか?



自分の体に余計なもの(呪い・妬み・マイナス思考へ導くもの)を付けていると、

チャンスを生かすことができませんので、

一刻も早く【お祓い】を受けると良いでしょう。


私が勧める弟子たちを自分の目で確かめてください!


日々の生活の中で背負ってしまっている邪気・毒気・自殺者などの浮遊霊をお祓い(供養)して、

皆さん健康に生きてください。


2011年01月14日金曜日
【前世からの因縁を乗り越える】
本日150回目の三輪山を登って参りました。


最近は左足ふくらはぎの肉離れのことを考えてゆっくり下山していたのですが、

今日はそれでも1時間掛からずに登拝してこれたようです。


なんでも続けていると自然に体が鍛えられているものですね〜。



私は今≪理不尽≫にも会社をクビにされた方の祈祷を始めたばかりなのですが、

その結果が10日後に分かります。



私は人事を尽くして天命に従う覚悟ですが、

本人はどんな思いで結果を待っているのでしょうか・・・。


この世で起きていることは前世からの因果応報ですから、

しっかり受け止めた上で対処していくべきだと思います。



私の場合は私がどんなに一生懸命にやっても受け入れてもらえない人たちがいるのですが、

これも前世の因縁がそうさせているのだと思って日々過ごしています。


私としてはとにかく私がやれることはしっかりやり通す!

ただそれだけだと思っています。



世の中には不思議といつも肝心な所で反対側ばかりにつく人がおります・・・。

それを【真逆の魂】だから・・・という人もいますが、

そればかりではないと思います。


百獣の王のように子供を逞しく育てる為に、

あえて憎まれ役を買って出る人もいるからです。



私は人間は生きているだけで意味があると思っていますが、

生きているだけでは不十分だとも考えています。


それは・・・人間は乗り越えねばならない何かを持って生まれて来ているからです。


前世からの因縁を乗り越えるために・・・。

だからこそ逃げるわけにはいかないのです。


2011年01月15日土曜日
【霊視・祈祷・お祓い】
本日151回目の三輪山を登って参りました。


今日の三輪山は麓が小雨で頂上付近は粉雪が舞っていました。

上りでは駆け下りてくる宗観さんにすれ違い、

次にアカペラの女王Tさんに・・・、

奥津磐座に着いたら東京の世田谷から来たMさんに会いました。


皆さん熱心ですね!

私はこの【熱心さ】がなければ神様には熱意が届かないと思います。

継続こそが道を開く・・・そう思います。



奈良の相談所もようやく場所とスタッフが整って参りました。

様々な【生霊】に負けることなく、これからもスクラムを組んで鉄の結束で生きて行きたいと思います。


【霊視】は≪日宗庵≫にて私が霊視いたします。

霊視というのは相談者の方が幸福になる為に、何が必要で何が災いしているのかを見るものです。


【祈祷】【お祓い】は≪大光坊≫にて宗観さんが担当いたします。

祈祷というのは神社で行っているのと同様に、相談者の方が幸福になるために直接祈ることです。




来月からはそれぞれの場所で上記のことを行っていきます。

いよいよ本当の新年が幕を開ける・・・そんな感じがします。


【自分を出してこそ!】
【霊能者】というのは、まだまだ社会的に認めて頂けていないようですね〜。

本当に残念に思います。


しかし、私が死ぬ頃までには【霊能者】が社会的に認めて頂けるような時代にしたいと思います。

その為には私が誠実に生きることが大事ですね!


たとえばブログにどんなに良い事を書いたとしても、

それが本心でなければ必ず辻褄が合わなくなるものです。


だから私は格好が悪くても等身大の自分をブログに表現しています。



本当の自分を表現しなければ、誰も私を理解してくれないですからね!

理解してもらう為には自分をさらけ出す事が大事だと思います。



もしも、それでも受け入れてくれない人がいたとしたら・・・それはそれで仕方がないと思いますね・・・。


2011年01月16日日曜日
【暑さ寒さも厭わずに!】
本日152回目の三輪山を登って参りました。


今日は寒かったですね〜。

今朝は車のフロントガラスが凍っていなかったので安心して三輪山へ向かったら、

なんと大神神社の手水舎の柄杓が凍っていました。


これは三輪山の山頂は寒いぞ〜と思っていたら案の定・・・。

あの宗観さんでさえ汗も掻かずに三輪山を登ってきましたからね〜。


今日の三輪山は今年1番の寒さだったのではないでしょうか!

その寒さの中アカペラの女王Tさんは三輪山を登っておりました。

根性ありますね(拍手)!


【三輪山の神様は縁結び!】
昨年の5月から【奈良霊視】の度に三輪山を登り始め、

9月2日からは入山させて頂けない日を除いて毎日登り続け、

今日で152回目になりました。



【三輪山】の神様は縁結びの神様でもあります。

その為なのか・・・?

三輪山を登っていると私の所に集まって来る方々の顔ぶれが自然に変わっていきます。



今までずっと【奈良の日宗庵】に通って来ていた方々が来なくなったり、

何年も遠ざかっていた方々が再び通って来たりするのです。



結局は良縁の方しか残らない・・・のです。

だから悪縁の方々は離れて行き、そして自然に私のそばには来れなくなるわけです。



また、三輪山の神様は私のそばに来る方々の真実の姿を教えてくださいます。

人生を共にできると思っていた人が、

実は自分の都合でしか私を必要としない人であることを教えてくださるのです。



今日は我々の心が通じている方から【体験談】を頂きました。

『関西の霊視』のホームページにアップされていますので、

是非ご覧ください。


2011年01月17日月曜日
【天罰】
本日153回目の三輪山を登って参りました。


ようやくモヤモヤした気持ちが吹っ切れました。

とにかく何も恐れるものが無くなったのですから、

自分の思うままに生きようと思います。



我々の人生において≪死活≫に関わるような妨害をする者たちに対しては、

決して許すわけにはいきませんのでそれなりの対応をしていきます。


私もいよいよ【大魔神】に変わる時が来たようです(笑)。



特に【公家(くげ)体質】の人たちは許せませんね!

公家(公卿)とは、太政大臣及び左大臣・右大臣と大納言・中納言、参議及び三位以上の朝官との併称です。
[広辞苑より]


【公家体質】の人間は大した信念もなく権力者に媚を売りながら、

ただどうしたら自分が生き延びれるのかを考えて生きている人間ですから、

決して信用できるものではありません。


そのような者たちに関わっていたら、いつ何時足元を掬われるかわかりませんからね!


この【公家体質】の人間は強い者にへつらい、弱い者を蔑(ないがし)ろにする輩なのです。

このような者たちには必ず≪天罰≫が下されることでしょう(合掌)。


2011年01月18日火曜日
【命の尊厳】
本日154回目の三輪山を登って参りました。



三輪山修行を始めて4ヶ月半が経ちましたが、

今年の9月1日までは入山出来ない日を除いて毎日登るつもりです。


私は奈良県に【出稼ぎ】に来たわけではありません。


私は基本的に【三輪山修行】をしながら奈良県で生活していく為に移住して来たのです。

だから2年目になる9月2日からは以前のように、

伊勢神宮や出雲大社そして七面山へ泊まりがけでお参りする予定です。


一番初めに行きたい場所は函館の碧血碑(へっけつひ)。

本当の侍たちが眠っている所です。


幕末のあの狂った時代・・・大概の者は命欲しさに寝返りました。

しかし函館の碧血碑に眠っている方々は違ったのです。

命をかけて自分の尊厳を守ろうとしたのでした。

まさに真の侍だったわけです。


私もかくありたいと思っています。


2011年01月19日水曜日
【自分自身と向き合う【座禅】】
昨日は宗観さんを中心に、妙心さん・Kさん・Mさん・認知症の父とで【座禅】を組みました。

【座禅】の仕方は臨済宗と曹洞宗とでは多少異なるのですが、

私たちは曹洞宗に近いやり方で行いました。


普段の我々の生活では他人の事はよく見ていても、

自分自身の内なるものと向き合うことはないでしょうから、

呼吸を整えながら座り瞑想する【座禅】は自分自身を知る良い機会になると思います。


来月からは一般の相談者の方々も交えながら【座禅会】を行おうと思っています。

心を落ち着けて自分自身を見つめる・・・

結構いいものですよ!


それではこれから準備して155回目の三輪山へ行って参ります!


【【ひきこもり】も【うつ】も改善する祈祷!】
今日は三輪山を登った後に京都の貴船神社で【呪詛解き】を行って参りました。


今回の参加者は神奈川のYさん・高知のNさん・兵庫のSさん・Fさん・京都のMさん、

東京のSさん・Kさん姉妹・茨城のSさん・埼玉のKさんの10名でした。


本日は小雪舞う中での【お祓い】となりました。



今回の【呪詛解き】の参加者の中には≪ひきこもり歴12年≫の方がおりました。

その方は平成21年6月から【霊視】を受けに来るようになったのですが、

それから【パワースポット参詣】に参加しながら【四国八十八ヶ所めぐり】にも参加し、

ほぼ毎月のように『奈良の相談所』に泊まりながら一緒に修行しています。


今では一人で新幹線に乗り奈良県の『日宗庵』に来られるようになっているのです。

もう≪ひきこもり≫とはサヨナラって感じです。



その方は今後≪ひきこもり≫で苦しんでいる方々に勇気を与える存在になると思います。

これも長年に渡る家族の協力があったからこそだと思います。

なんでもそうですが家族の協力は不可欠ですね。



その他にも我々の相談所に通ってくる方の中には≪うつ≫の方もおりますが、

その≪うつ≫の方も【祈祷】により正常な日常生活ができるようになっています。


人の幸せを願う【祈祷】には目に見えないパワーがあります。

特に修行を積んだ者の【祈祷(祈り)】には強い念が込められていますから何かを動かすのです。



現代医学の治療で治らなくて悩んでいる方は【直接祈祷の宗観さん】に依頼してみてください。

修行を積んだ者の【念】は違いますよ!



私は≪ひきこもり≫も≪うつ≫も前世の生き様が深く関係していると思っています。

特に気になるのは【呪い】です。



私は前世に掛けられた【呪い】が現世を生きにくくしていると思っています。

この前世からの【呪い】を解くのが【呪詛解き】です。



前世からの呪詛を解くというのは時間が掛かりますが、

これを解くか解かないかでは今後の人生が大きく変わります。

とにかく根気よく【呪詛解き】を続けてほしいと思います。


2011年01月20日木曜日
【【怨霊】が愛しく思える・・・】
本日156回目の三輪山を登って参りました。

今日はとても軽く登拝してくることが出来ました。



今日のブログは登拝中に頭に浮かんだ事を書きたいと思います。



今から約2年前だったでしょうか?

当時、千早赤阪村から霊視を受けに来ていたご婦人がおりました。

この方は余程私の事が嫌いだったのか?

パワースポット参詣の度に宗雲さんに私の悪口を延々と言い続けていたそうです。


そして我慢強い宗雲さんもついに!

「そんなに私の師匠を悪く言うのであれば、霊視を受けに来なければいいじゃないですか!」

と言ったそうです。



しかし、不思議なことにそのご婦人はその後も私の霊視を受けに来ていたのでした。


そしてこのご婦人はその後も私に対して毒を吐き続けていたようでしたので、

最後は私が≪出入り禁止≫にしたのです。


今から考えるとあのご婦人は【源頼義】の生まれ変わりだったのではないか?

と思います。


それだったら合点が行きます。

私の前世での憎むべき宿敵ですからね!

嫌われて尚且つ嫌がらせされてもしょうがないと思います(笑)。



私は【腹黒い人】が嫌いです。

【腹黒い人】が好きな人はそちら側へ行けばいい!


私は関わりたくありません。

もしも私のスタッフや弟子の中に【腹黒い者】がいたとしたら、

真っ先に叩き潰すつもりです。



日本の神社には【怨霊】として祀られている方々がおります。

さらに【怨霊封じ】までされている方もいます。


私は最近この【怨霊】にされてしまった方々が愛しく感じる時があります。



【腹黒い人々】に陥れられ【怨霊】とされてしまった方々の無念を晴らしてあげたい・・・。

そんな風に思う時があるのです。


私は別に正義の味方になるつもりはありませんが、

【腹黒い人々】の存在が許せないだけです。

私はそのような連中とは一生関わりたくないですね!


汚いことをしてまで私は長く生きたくないのです。

ただそれだけです。



私は【大怨霊】になってでも、いつの日か【腹黒い人々】を撲滅してみせます。

柳沢慎吾風に言うなら「【腹黒い人々】よ、首洗って待ってろよ!」って感じです(笑)。


2011年01月21日金曜日
【努力あるのみ!】
本日157回目の三輪山を登って参りました。

今日は自分的には気分爽快でした。


今朝は遅めに日宗庵を出発しましたので、10時17分頃から登り始めることになったのですが、

登っている途中でアカペラの女王Tさんに会った後に大坂のFさんに会い、

下山してきたら西宮のFさんと奈良の井上さんに会いました。


皆さん大したものですね〜。


神様は努力している皆さんをちゃんと見ていますので安心してください。


奈良の井上さんの会社も順調のようで本当に何よりです。



正しい努力は必ず報われますので、細く長く継続してやっていってください!


2011年01月22日土曜日
【【魔王】として生きる】
本日158回目の三輪山を登って参りました。


昨年末頃は【気温3度】と表示されると寒くてしかたがありませんでしたが、

最近は寒さに慣れて来たせいか暖かく感じるようになってきました。


今朝は三輪山を下山してきたら受付の所で楠木ファミリーの2人に会いました。

頑張っていますね〜。

私は彼女たちのように真剣に自分の人生を変えるために努力する人が好きですね!



私の相談所には「周りの人々に妨害されて上手く生きる事ができない・・・」

と言って訪ねて来る方がおりますが、


それはその人自身が前世で他人を苦しめたり陥れていたりしているから、

【因果応報】で今世では自分が苦しむことになっているだけなのです。


自分では何の努力もせずに、ただ「助けてください!」と言って、

すがって来るだけの甘っちょろい考えの者を相手にする必要はありません。


自分の人生を変えるということは、そう簡単な事じゃありませんから、

しっかり汗を掻いて腹を据えて努力してほしいと思います!



今日は『霊能者の開運霊視』の【たまふり】も『関西の霊視』の【たまふり】も、

どちらも「ひたむきに修行を続けて行けば・・・」というような内容でした。


努力なくして成功はありませんからね!



お釈迦様がいる時代から修行者が修行を始めようとすると、

必ず悪魔たちが現れ修行者を妨害してくるものでした・・・。


私も奈良で修行を始めた途端に様々な妨害が起こり、

【生霊】や【怨念】によって苦しめられて来ましたが、

今は毎日の【三輪山修行】によって楽に修行が出来ています。



私はこの修行によって【聖人君子】になるつもりはありません。

むしろ私は他人がやれない事を全身全霊をささげて≪祈る≫【魔王】を目指しています。


【魔王】と言っても【悪魔の王様】というわけではありませんよ(笑)!



世の中には他人の幸せを妬む【腹黒い人間】が数多くいます。

それらの人間が他人の人生を妨害するわけです。


きれい事ばかりを言って何もできない修行者などこの世には要りませんから、

私は【腹黒い人間たち】を徹底的に叩き潰すための【魔王】となって生きたいのです。


2011年01月23日日曜日
【頑張らない・・・】
本日159回目の三輪山を登って参りました。


認知症の父は朝6時前から起きて、三輪山へ行く気満々で朝を迎えたようです。

その父は妙心さんとMさんに連れられ、大神神社の駐車場から『なでうさぎ』のある所まで歩いたみたいです。

このところ認知症の父は≪普通の爺さん≫なのです(笑)。



自分の父を見ていて考えさせられるのですが、

人生はいろいろな事がありますが【頑張らない】事が肝心だと思います。


よく「頑張ります!」と口癖のように言ってしまいますが、

「頑張ります!」と言う時には、

自分の心と体にかなりの【負荷】を掛けているものです。



あまり【負荷】を掛け過ぎると人間は壊れてしまいますから、

頑張らないで自然体で生きるのが一番ですね!


2011年01月24日月曜日
【感謝の気持ちを忘れてはいけません!】
本日160回目の三輪山を登って参りました。

今日は狭井神社に着くとすぐに「今日はまだ佐藤浩一郎さんが来てませんね!」と声を掛けられました。

有り難いことですね〜。


これでようやく宗観さんも神様の名簿に名前が刻まれたようです。

これからの宗観さんの活躍が楽しみになって来ました。


今日からの宗観さんは【東京霊視(直接祈祷とお祓い)】です。

忙しい日々の連続ですが体に気をつけて修行して欲しいものです。



三輪山も冬場になると流石に参拝者が減りますね。

本物というのは≪春夏秋冬≫を問わず、変わらぬ参拝をするものです。


これは人の愛情も同じです。

元気な時も病んでる時も、変わらず愛情を注ぐようでなければ愛情も本物ではありません。



神様や仏様にお参りをしている人を見ていると人間性が諸に見えてきますね。

『苦しい時の神頼み・・・』

これが一般的です。



しかし≪一般的≫な事だけをしているうちは他人との差は開きません。

他人よりも少しでも向上したいと思うのであれば、

他人が真似のできない事をすべきです。


それが【お礼参り】です。



大概の人間は≪困っている事情≫がある時には神社・仏閣に足繁く通いますが、

願い事が解決しだすと忙しさを理由に【お礼参り】を怠りがちになります。


これじゃ一度は助けられたとしても二度目はうまく行かないことでしょう。



仕事や私生活が順調になると、

心に≪油断≫が生じ≪魔が差す≫場合があります。



この【魔】が差さないようにするためには、定期的な【お祓い】を受けると良いでしょう。

また更なる飛躍を遂げたいと思うなら【直接祈祷】をしていくと、

運気とパワーを増幅させることができますからとても有効な手段だと思います。



何事も≪謙虚≫に受けとめ、驕らず≪ひたむきな努力≫が大切ですね!


【開運(道開き)の神様・・・】
今日は三輪山を登ってから京都の伏見稲荷大社へ行って参りました。


今日は認知症の父を連れて行った為に妙心さんとMさんに父を見てもらい、

私一人でお山を一周して来ました。


父と妙心さんとMさんは≪千本鳥居≫の所まで行ってお参りして来たようです。

あの父がよく歩いたなぁ〜と思います。

妙心さんMさんありがとうございました(合掌)。


今日は伏見稲荷大社の裏山で不思議な女性に会いました。

年齢的には40代だと思うのですが、リュックを背負っているにも拘らず凄いスピードで歩いて行くのです。


それを見た私はつい後ろを付いて歩いてみたくなりました(笑)。

しかし・・・これが・・・なかなか二人の距離が縮まらないのです。


そうしているうちに、その女性は四ツ辻の所の田中社で忽然と姿を消してしまったのでした・・・。

もしかしたら、あの女性は猿田彦の大神(開運の神様)だったのかもしれません。




今日は一人でお山を登りましたので、いつものKさんの所でゆっくり話し込んで来ました(笑)。

有り難い話を聞かせて頂きとても良い勉強になりました。

ありがとうございました!



2011年01月25日火曜日
【流れのままに・・・】
本日161回目の三輪山を登って参りました。


今日の三輪山は小雪が舞っていました。

気持ち良かったですよ〜。



私は毎朝6時に起きて三輪山へ行く準備をするのですが、

このところ三輪山登拝の時間が遅くなって来ています。


自分としては【いつもの時間】で・・・と思っているのですが、

日宗庵にいる宇宙人の状態により思うように動けないことがあるのです。



しかし、これが逆に【良い流れ】を生んでいるような気がします。

人生は流れのままに・・・が良いと思いますね。


2011年01月26日水曜日
【必殺シリーズのように・・・】
本日162回目の三輪山を登って参りました。


今日は午後からの登拝になってしまいましたので、

三輪山には結構な数の人々がおりました。



やはり修行は見世物じゃないですから、修行は人がいない時やった方が集中できて良いですね〜。

明日からはまた早い時間に登れそうなので楽しみです。


最近は【遠隔の祈祷】が増えてきているのですが、

出来れば私としては日本の法律では罰することが出来ない人たちを懲らしめるような祈祷をしたいですね!

懲らしめると言っても【呪い】を掛けるわけではありません。


たとえば、≪いじめ≫をしている者たちに≪いじめ≫を止めさせるとか・・・、

ストーカーに悩まされている方々を救うとか・・・、

殺人を犯した者が時効切れのために罪も償わずに、

野放し状態のまま生きているような場合には、

何らかの形で罪を償うように働きかけるとか・・・、

そんな【遠隔祈祷】をしたいですね!


まるで『必殺シリーズ』に近いような感じですが、

私は本気です。


法律で裁けない悪人を【法力】で更生させるわけです。

こんな【遠隔祈祷】があっても・・・良いと思います。


2011年01月27日木曜日
【頭で考えているよりも、まず行動を!】
本日163回目の三輪山を登って参りました。


今日は下山中に大阪のFさんに会いました。

これで今月何回目になるのでしょうか?



高知県から来ているSさんも【三輪山100回登拝】を目指して、

修行道場に泊まり込みで登っております。


頭で考えている暇があったら、まずは動くことが肝心です。


とにかく続けることです。

続けて行けば神様が【真剣さ】を認めてくださいますからね!



口でどんなに立派な事を言っても行動が伴わなければ誰も認めてくれません。

良いことも悪いこともすべて自分のしたことが返って来るだけのことですからね。

すべては【実行力】が人生を変えていくのです。


2011年01月28日金曜日
【生きる目標が定まれば・・・】
本日164回目の三輪山を登って参りました。


今日一緒に登った高知県のSさんは今日で26回目くらいだそうですが、

考えてみるとSさんは私の子供と同じくらいの年齢ですから親子みたいなものです。


なんとなく感慨深いものがありますね〜。


とにかく【でっかく生きて】ほしいなぁ!



私がSさんと同じ年齢の時には自衛隊員として仙台で勤務しておりました。

その当時の私は自分の進むべき方向性が見つからず、

悶々とした日々を過ごしていました。



しかし、私はその【仙台】で今の人生に至る第一歩となる目標を見つけ出したのです。

そのキッカケとなったのは山田冨也さんが書いた『僕はあきらめない』という本との出会いでした。


山田さんは筋ジストロフィー症という病により車椅子の生活をしていたのですが、

仲間が安心して療養できる病院を造りたい・・・という目標を抱き、

本を出版しながら目標としていた病院を建てた方なのです。



私はこの山田さんの生き方に感動し、

身体障害者のリハビリテーションをする仕事(今で言う理学療法士のような仕事)を目指したのでした。



人間と言うのは目標が定まれば行動が早いものです。

翌年には福島県から限りなく東京に近い千葉県松戸市へ転居し、

新松〇中央病院に勤務することになったのでした。


なんとも懐かしい話です。



Sさんはまだまだ若いのですから、やってみたい事をどんどんチャレンジすれば良いと思います。

失敗は将来他人を笑わせることができる最高のネタになるのですから、

失敗を恐れずに生きてほしいと思います。


人生はチャレンジですからね!


2011年01月29日土曜日
【今日は・・・】
本日165回目の三輪山を登って参りました。


今日は高知県のSさんとMさんのママと3人で登ったのですが、

途中で茨城県から来た宗慧さん親子と一緒になりました。


頂上付近では奈良の井上さんと会いました。

今月4回目です。

努力してますね〜。



とにかく継続した努力が一番です!

今日はこれから祈祷をして霊視を4人致します。


2011年01月30日日曜日
【自分の道を歩いて行く・・・】
本日166回目の三輪山を登って参りました。

今日の気温はマイナス1度・・・寒かったですね〜。


今朝は心も凍るような思いで三輪山へ向かったのですが、

良いお参りが出来て気持ちがス〜ッとして帰ってくることが出来ました。



人間にはそれぞれの人生がありますが、

口に出して自分の苦労話を他人にするような人ほど大した苦労(苦難)をしてませんね・・・。


壮絶なしかも強烈な人生を歩んできた人ほど辛い人生を味わってきたような雰囲気を出さないものです。



今日の三輪山はそんな事を気づかせてくれました。

その事に気づいた時・・・自分が物凄くチッポケに思えて恥ずかしくなりました(苦笑)。



今の自分はとにかく三輪山を登ること・・・。

そうすることによって未来が開けてくる・・・。

今すべき事をひたむきにしていく!

それしかありません。



自分の道を歩いて行こう!

そう思って大神神社の参道を歩いていると、

『とんねるず』の木梨さんを見かけました。


私との距離は約2メートル。

私は芸能人に関しては全く興味がないのですが、

木梨さんから発せられるものには全く嫌なものを感じませんでした。


どうでもいい事ですが、私的にはなんだかホッとしました(笑)。


今日は3人の霊視が待っています。

今の自分にできる事をしていきたいと思います。


2011年01月31日月曜日
【苦難を乗り越えてこそ!】
本日167回目の三輪山を登って参りました。


真冬の三輪山は鍛えられます。

そして鍛えられた人間は強くなる!



奈良に引っ越してきて5ヶ月・・・。

苦しみの連続です。

まさに【真冬の状態】。



しかし、この時期を耐えて耐えて耐えていけば、必ず【春】が来ます。


そして悔しさや苦しみを乗り越えた者だけが≪本当の喜び≫を知ることができるのです。



今の私は鍛えられてるなぁ〜と思います。




今朝【三輪山】でアカペラの女王Tさんと立ち話をしたのですが、

彼女は奈良に引っ越して来て丁度3ヶ月になったそうです。



あまり女性の年齢のことを何度も書くと失礼だと思うのですが、

良い意味で皆さんに感動していただきたいと思い、敢えて年齢を書かせていただきます。



彼女は65歳なのですが、ほぼ毎日のように【三輪山】を登っています。

その姿はどんどんと若くなり、目の輝きがとても綺麗でイキイキとしているのです。


これは【三輪山の神様のパワー】のお陰だと思います。

あのお山は素晴らしいと思いますね〜。



元気が出ない人や希望を失っているような人は【三輪山】を登ってみてください。

出来れば・・・連日でなくてもいいですから、何度も登り続けていただきたいのです。

続けているうちに何かが変わるのですからね。



【三輪山】に集まって来る方々は≪目に見えない力≫によって引き寄せられているのだと思います・・・。


この≪目に見えない力≫に感謝致します。


戻る